2013年02月28日

水曜ローカルリーグ 第7戦。

さて。

本日はリーグ戦でした。
今日がホーム&アウェイの折り返しだそうです。

当初、メンバーが集まるかどうかすら怪しかったのですが、何とか5人集合できたので、何とかなりました。
3人しかいないとなった時には、冗談交じりに他のチームのメンバーを引き抜こうと言ったりしましたが、私は結構本気で誰か連れ去ろうと思っていたんですがね(^^;

ともあれ、そんな感じで向かったアウェー戦。
蓋を開ければ12−6で快勝でした!

今回は私も、しっかりと自分の役目を果たせたようでしたので、ホッとしました。
今日ぐらい飛んでくれれば、週末のPERFECTも安心なのですがねぇ…
まぁ、当日どれだけ出来るかは、その時次第ですけど。

ともあれ、2月ももう終わりです。
寒さもそろそろ和らぐ季節になります。
まずは気持ちを上向きにして、春を迎える準備をしましょうかね。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 02:13| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

天秤を揺らさないように。

さて。

上を見て、うなだれて。
無理矢理に足元を見て、自分を納得させるのを止めよう。
『アイツには○○では敵わないけれど』の後に続く『けれど××では負けていない』と言う言葉は、きっと幻想でしかない。

年端もいかない若造達に、私が勝っているモノなんて、棺桶に入る順番待ちぐらいのものだ。
歳ばっかり食って偉そうな老害達に負けているのも、その程度のモノでしかない。

他人の視線で自分の立ち位置を見極めようとするのを、止めよう。
自分の出来る事なんて、どんな期待をされた処で自分が出来る事までしか出来ない。
『実力以上』は結局フロックでしかない。
それを実力に変えれるかどうかは、また別の話。
そもそもその、『他人の視線』が、鏡に映った自分自身の自分への期待だと言う事に気付こう。

私に期待するのは、いつも自分自身。高望みするのも、結局は自分自身。
勝手に期待して、勝手に絶望するのも。

何が正しくて、何が間違っているのかを考えるのを、少し止めてみよう。
兎角右に左に世間は傾きがちで、バランスの大切さを教えてくれるのは、金貸しのCM程度しかない世の中だ。
明日を生き抜く方法は、多分星の数ほどある事だし。
今日をやり過ごす手段だって、カードはそれほど限られていない。

自分一人の統計で、平均を考えるのは決して悪いことじゃない。
上も下も、右も左も見ずに、それを考える事が出来るなら、今よりもっと前を向けるかも。

過去の自分を認めて、明日の自分に胸を張れる人生が送れるなら、それで充分じゃないか。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 00:46| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ雑考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

月はどっちに出ている。

さて。

仕事を適当に受け流してやり終えて、いざ練習とロケーションに向かうと。
何かの事情で閉まっています。

基本的に私は深夜徘徊の人なので、出鼻を挫かれると、二の手が継げません。
そもそも、『この店が駄目なら、次はあそこの店に』と、すぐに候補が出てくるほど、身の回り近くにロケーションが多い訳でもなく…
意気消沈してコンビニでビールを買って家投げ練習に変更です。

明日は少し早めに動いて、しっかり練習しよう。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 01:55| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

凸再び。 DOS GRAMOS:凸式コルバタ

さて。

Corbata1.jpg今年一本目のバレルは、覆面バレルブランドDOS GRAMOSの凸式第弐弾、凸式コルバタです。
個性的なM3チップ仕様バレルをリーズナブルな価格で提供してくれるDOS GRAMOSは、最近お気に入りのバレルブランドです。
今回凸式(M3)化された“コルバタ”は、プロレス技の『ヘッドシザース・ホイップ』のルチャ・リブレでの技名。スペイン語で『ネクタイ』の意味だそうです。

DOS GRAMOS 凸式コルバタ(Corbata)
Length:44.0mm MaxDia:7.2mm 17.5g

単体重量17.5gと最近のトレンドである、“重め”のバレルですが、全長44mmはストレート以外の形状としては、限界に近い長さではないでしょうか。
母体となった2BA版のコルバタは、形状としては比較的オーソドックスな、長めのスタンダードでしたが、凸式化に伴って、先端が細く絞り込まれ、バランス調整の為の縦カットも相俟って非常に個性的なシェイプに生まれ変わっています。

プロファイルや外観を見ての第一印象は、NODORのPaul Limと、nuのWORK02でした。

重量バランスは、単体でほぼセンター。セッティング状態で、最大径付近のカット部分まで重心が遷移します。全長から考えると、かなり明確な後方重心のバレルですね。

カットはエリアごとに区切られていて、バレル最後尾のストレート部分はリング、そこから前方へ立ち上がるテーパー部は細かいステアカット。S4の人気バレル、ZEUSのカットに形状は似ていますが、もっと間隔が狭く目が詰まっています。
最大径付近には、変則的に間隔をあけたウイングカットが刻まれています。

指に伝わるインフォメーションは穏やかですが、非常に強力なカットです。長いバレルを扱いなれていない方(そう云う方がこのバレルを選ぶとは思いにくいですが)であれば、リリースの仕方によっては暴れやすく感じるかも知れません。

そう云う意味では、ある程度使い込んでカットが馴染んでからの方が、扱いやすくなるバレルかも知れません。
カットのキツいバレル全般に言える事だと思いますが、柔らかくグリップするのではなく、むしろしっかりグリップして、スパッとリリースしてしまう方が、指離れは良くなると思います。

グリップ付近に重心があるおかげで、テイクバックや振り出し時にはあまり長さを感じませんが、リリース時に少しでも左右にブレると、途端に長いバレル特有の扱い難さが顔を覗かせます。

重量があるので、ある程度は勝手に飛んでくれるバレルですが、そこから先、望む事を望むレベルで求めるには、こちらの力量も相当レベルで要求される印象です。
Paul Limの時にも意識しましたが、まずキレイに飛ばせる事。ある程度大人し目のセッティングでも勢い良く飛び出してくれるので、安定重視でセッティングを煮詰めていくのが良いバレルかも知れません。

好き嫌いというか、相性の良し悪しはハッキリと分かれるバレルだと思いますが、だからこそ面白いバレルに仕上がっていると思います。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 00:31| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Barrels. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

それもまた、私。

さて。

チームメイトの酔っ払い有名プレーヤー。
トーナメントやリーグには、しばしば彼女さんを伴って現れますが、最近その彼女さんの私への反応がなんだか面白い。
過日のハウストーナメントで、私が機嫌良く酔っ払っている姿を見たのが相当珍しかったらしく、引いているのか面白がっているのか、こちらが反応に困りました。
曰く。
『note.さんって、そんな人だとは思わなかった』
『もっと真面目人だと思ってました』
貴女は私に何を見ていたのか…
もちろん真面目ですよ?真面目な酔っ払い。
私からしてみれば、貴方の彼氏の方が色々おかしい面白いですけどね(^^;

そんな話を先日の飲み会でしたところ、古い友人曰く。
『note.さんなんて基本酔っ払ってる上に、基本ゲスいですやん』
ダーツ以前からの友人だと、反応はこんなモノです。

私自身は一人しかいない筈ですので、どちらも私なのですが、見る人やその人との関係で、えらく見え方は変わっているんだなぁと、改めて思い知らされます。
特にダーツ絡みだと、年齢差も大きいですし、酔っ払う余裕があれば、それよりもダーツマシンに向かっていますので、どちらかと言うと、私を真面目な人間だと捉えている人が少なからずいるように感じます。
過去の話ですが、あるロケーションでは、私が酒を飲まない人だと思っていた子もいましたね。

恐らく職場や、写真関係のコミュニティでは、また違う印象もあるのでしょうね。

処変われば…とは申しますが、気楽に付き合えるのが一番です。
まぁ、そもそもは、場所によって印象が変わるような付き合い方をしている私自身に問題があるのかも知れませんねぇ…(^^;


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 12:51| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

色々濃い三日間でした。

さて。

やっと週末の気配が見えてきた木曜日。
本日は海外から一時帰国している古い友人との飲み会です。

本当ならば、日曜日に会う筈だったのですが、ハウトーで体力を根こそぎ削られていたおかげですっぽかしました(^^;
まぁ、今週は、ここに至るまでが大変だったのです。

日曜日はそうやって、少し休憩のつもりが、布団で目覚めた時には既に月曜の朝でした。

そして月曜日。予約していた歯医者の治療を済ませて、診察席から立とうとすると、担当の歯科医師が。
『note.さんって、ダーツしてますよね?』
何故それを知っている歯医者!?
聴けば歯医者さんもダーツをする人のようで、パーフェクトの選手名艦から私の名前を見つけたようです。
『今度の神戸、出られるんですよね。頑張ってくださいね!』
いつも口の中に手を突っ込まれている方からの激励は、なんとも在り難いやら気恥ずかしいやら…(^^;

その勢いでそのまま散髪。アレ?シゴトハイツシテイルノデスカ?

肩に掛からんばかりに伸び放題だった髪をバッサリ刈って、ツンツン頭になりました。
頭が涼しいと、風邪をひきそうです。肩は心なしか軽くなりましたが。

火曜日は舞鶴経由で姫路へ向かって、そのまま宿泊の予定でした。
が、クライアントのミスで、いったん大阪へ戻って機材を預かり、改めて姫路へ向かうと言う無理矢理なスケジュールが発動。
出来れば出張ダーツ等を楽しみたかったのですが、体力的に断念。ホテルの部屋は乾燥するので、寝心地も宜しくなく…
明けて水曜。午前午後と二回に分けてセミナー講師。こちら側の新人教育も兼ねているのですが、コレはまぁ、慣れた仕事なので恙無く進行して、無事終了。

さて。
一路地元へ。
21時にはライブリーグの、エリア頂上決戦です。
何とか間に合い、バタバタとアップを済ませて臨んだ試合、薄氷を踏むような戦いでしたが、7−6で辛くも勝利!コレで2012年度前・中・後期を全勝で終える事が出来ました。

まぁ、私自身がその勝利に貢献できたかと問われれば、黙って首を振るしか出来ませんけれどね。
平場でどれだけ調子よく飛ぼうが、レーティングが上がろうが、求められている時に仕事が出来なければただの下手で弱い奴でしかありません。

DSC01227.JPGチームの一員として勝てた事は、確かに嬉しいのですが、上の連中にまかせっきりでの勝利は、素直に喜び難くもあります。
リーグが終わった後に、狂ったように打ち込んで、どれだけハットを出したところで、試合で出なければ全く意味はないのですよ。
まだまだ色んなモノが足りませんねぇ…

ともあれもうすぐ週末です。
まぁ、今週初は法事があったり、それに絡んで親戚が押しかけたりでダーツ三昧と言う訳には行かないのですが、やっと一息つけそうです。

とりあえず今日は、飲んで毒を吐いて抜いてきます。
まぁ、明日は朝からミーティングなので、痛飲出来ないのが残念ですがね。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 17:34| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

本当は色々あったのです。

さて。

先程まで打ち込んでいたブログが消えたので、やる気が眠気に負けました…Orz

ノリノリで書いていた分だけ、ダメージが大きいです。
まぁ、覚えていたらまた書きます。
多分。

award_stats.jpgとりあえず、今日のスタッツとアワードを貼り付けて、寝ます。
成績的には、良くもないし、極端に悪い訳でもなく。
小さくまとまってしまってる感じです。

もうちょっと数字的に上下があれば、何か見付けられそうなモノですが、それすらも凡庸な数字に埋没してしまっています。

明日からちょっとした出張です。
姫路で泊まりです。
水曜日はJAPANリーグの頂上決戦があるのですが、間に合うかどうかは、その日の仕事次第です。

ともあれ、寝ます。
寝ないと死にます。
お休みなさいませ。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 05:29| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

Green Bro's ハウストーナメント。

さて。

先日のエントリの通り、大阪は松原市にある、Green Bro'sさんのハウストーナメントに行って参りました。

DSC01180.JPG前回参加した、ハッピーアミーゴと同じく、100名を越える参加者が集まったようです。
それにしても凄い人口密度…
空気が薄く感じられるほどでした。

まずは4組ごとで分けられた予選ラウンドロビン。3戦の内、2勝すれば予選通過は確実でしょうか。
私の調子もそんなに悪くはなく(良いとも言えないなんとも微妙な調子ではありましたが^^:)、セカンドの子にも助けられて、予選は2勝(2−0)1敗(1−2)で通過できました。

決勝トーナメントまではかなり時間があり、非常に眠たかったのです。
昨日あんなに投げなきゃ良かった…Orz
椅子に座って少し居眠りをしていたのですが、夢の中出までダーツを投げていました。
夢の中でダーツを投げるたびに腕がビクッとなって、それで目が覚めて…そんな事を繰り返しながらうたた寝する事、小一時間ほど。
やっと始まった決勝トーナメントは、一回戦で負けちゃいました…Orz

改めて反省するべきは、自分の上がりの弱さ。
削れたとしても上がれなきゃ話になりません。

まぁ、楽しめたと言えば楽しめましたが、課題は相変わらず山積みのままですねぇ…
ペアを組んでくれた相方の子も楽しんでくれていたのなら良いけれど。
次回があったら、オジサンもうちょっと頑張るからね!

ともあれ、神戸のPERFECTまであと2週間足らず。
それまでには少しはマシになっておかないと。

あの場所では、勝たないと楽しめません。
もうそろそろ、そう云う風に思わないといけないのかも知れないです。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 20:36| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | トーナメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

急遽ハウトーへ出撃。

さて。

やたらと投げ込んだ土曜日でしたが。
明日、いきなりハウストーナメントに行くことになりました。
まぁ、人数の帳尻あわせ要員です。

行くからには、少しでも楽しみたいと思いますが。
今日は投げまくった挙句に、スタッツは上がりも下がりもせず。
調子が良いのか悪いのかねぇ…(^^;

まぁ、頑張ってきます。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 03:33| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | トーナメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

7年目。

さて。

世の中は、バレンタインデーで盛り上がっているのですか?
まぁ、なんでも、いいですけど。

爆ぜればええんや…

いやまぁ、怨嗟の声を上げるほど何かに飢えている訳ではないんですがね(^^;

ともあれ。
本日2月14日で、ダーツを始めてから丸々6年が経ちました。
思えば遠くへ来たような気もしますし、まだそんなモノかとも思います。

当時足繁く通っていたバーに、ダーツマシンが据えられて暫らくは、興味も何も無く、『そう云う遊びもあるのね』位にしか思っていなかったのですが、たまたま当時の恋人との約束がおじゃんになった6年前のこの日に、始めてしまったのが運の尽き何かの縁。
毎日のように通うのはそれまでと変わらずですが、あっという間にはまりましたね。

それからはまぁ、ここに書かれている通りの毎日です。

あの頃から変わったモノもありますし、変わらないモノもあります。
手の平から零れていったモノ。
残ったモノ。
飛び込んで来たモノ。

たとえダーツを始めていなくても、そんなモノはそれこそ指折り数えれる以上にありますが。
この歳になると、永遠なんて信じる事は出来なくなるものです。
だからこそ、今この瞬間に身近にあるモノ達は、とても愛しく感じます。
ダーツもそうですし、それを通じて出会えた人達に感謝です。

今年、来年、再来年と、恐らく私自身、ダーツに対して向き合うスタンスは、変わっていくのだと思います。
今よりももう少し上手になっているかも知れないし、下手くそになっているかも知れないし。

それでも。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 23:23| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水曜ローカルリーグ 第5戦。

さて。

先週は参加できなかったローカルリーグ。
今週は参加してきました。
先週は1ゲーム差で、惜しくも勝ち星はまたもやお預けだったようですので、今日こそはと臨んだ一戦でした。

結果は、やっとチームとして一勝出来ました!
まぁ、良かったと思います。

今回は、私がチームオーダーを組む事になっていたのですが、チームメイトの一人が『いっしょに考えさせてください』との事。
前回は元より、今まで勝ち星が無い事に、やはり思う処があったようです。

私も今回は、少々思い悩んでいました。
有体に言ってしまえば、私を含めた上級者を効率良くオーダーに組み込めば勝てるのです。
でも今までそれは、このチームではしてきませんでした。
出来るだけ均等に、チームメイトに試合の機会を与えていました。

私が元々所属しているチームは、試合の出場回数や、何に出るかは、基本的にはレーティングを基準にしています。もちろん他の要素もあるのですが。
下位のメンバーは、1試合は出しますが、上位陣の試合回数とはとはポイントを稼げるかどうかで大きく差をつけます。

勝つ事が至上命題のチームなので、それはそれで仕方ないのです。
ただ、今のこのチームにその方法論を当てはめて良いものかどうか、逡巡はありました。

それでも、今のチームには勝ち星が必要です。
結果として、私ともう一人のAAで、取れるモノを取るチームオーダーにしての結果です。
皆喜んでいたと言うか、ホッとしていた様には見えましたが…

本当にコレで良いのかなぁ…
やはり悩みは消化しきれないままです。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 03:02| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

金属材料としてのタングステンバレル考。

さて。

先日、自室に転がっているバレル達を一気に洗浄しました。
何セット転がっていたかはご想像にお任せします(^^;
少々くすんでいたバレルもありましたが、クエン酸洗浄等をすると結構輝きを取り戻すものです。
日常的な手入れは、いつぞやのエントリの通りですが、私はたまにそんな事もしていたりします。

話は少し変わって。
バレルに使われている金属、タングステンに付いて少々。
興味と時間のある方は、ちょっとググるなり、ウィキるなりして頂ければ、結構面白いと思います。

ダーツバレルに使用されるタングステンは、一般的にはヘビーアロイと呼ばれる合金です。

タングステンの粉末に、バインダー材と呼ばれるニッケルや鉄、銅などの粉末を混ぜて焼き固める、『粉末冶金』と言われる方法で作られています。
少々乱暴な例えをすると、ハンバーグの作り方と同じだと思ってください。
タングステン粉末がひき肉で、バインダー材は『つなぎ』の意味なので、銅や鉄等はパン粉や小麦粉です。
コレを均一に混ぜて圧力を掛けながら焼き固めれば出来上がりです。

まぁ、ハンバーグの例えの正確さはともかくとして。
全ての材料を溶かして混ぜている訳ではないのです。
タングステンの融点は3000℃を超えます。ちなみに代表的なバインダー材の鉄の融点は1500℃ちょっと。2800℃ちょっとで沸騰してしまいます。コレではそもそも溶かす格好では混ぜれませんし、3000℃オーバーなんて温度を作るのにどれだけのコストが掛かるかを考えると、気軽にバレルを買えない値段になってしまいます。

ともあれ、一般的に良く語られる、バレルに於ける『タングステンの品質』は、バインダーとして添加される金属と、混ぜ方によって決まるようです。他にも粉末自体のキメ細かさ等も品質を左右しそうですが。

が、何を添加しているかなんて、バレルメーカーはもとより、日本タングステンやアライドマテリアルといった部材メーカーでもWEBレベルでは公にはしていませんね。まぁ、そりゃそうです。恐らく其処が各メーカーの核心部分でしょうからね。
まぁ、結果として似たり寄ったりだとは思います。ネガティブなものではなく、非常に高いレベルでと言う意味で。

色々そうやって調べてみて、判った事と言うか、理解した事は、本来であればそう簡単に劣化したり、腐食するような素材ではないと言う事。勿論素材の品質により多少の差はあるとは思いますが、むしろ品質を悪く作りようが無いと言う印象でした。

まぁ、つまりは値段なりの品質は、どこのバレルを選んでも約束されていると言う事です。
カットの欠け等は、タングステンという金属の性質上、諦めた方が良いと思います。硬けりゃ欠けます。

つまりね、何が言いたいか。
“バレルメーカー名 劣化 評判”とかでググってこんなブログを見ている暇があったら、日々のメンテナンスをしっかりしてあげて下さいという事。そう云う人多いんです、本当に。

手入れもしないで品質を語るのは、腕前をバレルの所為にしてコロコロ買い換えているのと同じです。
オヤ?
ブーメランが飛んできましたよ?

お後が宜しいようで。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 21:10| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私的バレル観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

回転症候群 -その発病および傾向と対策に関する一考察-

さて。

前回のエントリで、ダーツに回転を掛ける投げ方に関して、回転自体に意味は無いのではないかと言う仮説を挙げました。
加えて、回転を掛ける理由を、ダーツの飛ばし方・飛び方に対する方法論ではなく、リリースに関しての方法論ではないかとも推論しています。

前回は、回転のメリットと思われる、又はそう言われているモノに関しての反証で終えてしまいましたので、今回は何故そんな風に思ったのか辺りを。

まずは、投げ方を変えて、私自身のダーツの何が変わったか。
1.横方向のズレが小さくなりました。
2.人差し指でダーツを弾いてしまう等の失投が減りました。
無くなったとは言いません。所詮はRt14辺りをウロウロしている奴です。それなりに外します。そりゃもう頻繁に。
ただ、目に見えて失投する幅が狭くなりました。大暴投が無くなったと言い換えても良いレベルで。
まぁ、『AAにもなって大暴投を今までしていたのかよ!』と言う突っ込みに関しては、甘んじて受け入れる所存ですが(^^;

閑話休題。
前回示したように、これらがダーツの回転に因るモノでないのであれば、何が要因なのか。
私は、リリース時の指の動きに因る処が大きいと考えています。

手、特に指の構造を、ご自分の利き手で確認して頂ければと思うのですが、どれだけ頑張っても、人差し指の自由度に、親指は敵いません。
無回転でダーツをリリースする為に、左右に均一に指を開こうとしても、グリップ位置にもよりますが、人差し指で押してしまいがちになる方は多いと思います。
過去のエントリで私自身も、それについて思い悩んでいます。
手や指の可動域によって、個人差が大きい部分ではありますが、私の場合は、コレのおかげでテーパーのきついバレルに対して苦手意識が出るほどでした。
また、指を開く時に不用意にバレルを人差し指(時には中指)で弾いてしまう事もあり、決して小さくない不確定要素の一つになっています。

対して、ダーツに回転が掛かるタイプのリリースの場合、右利きの人が自分から見て左回転を掛ける場合を例に挙げると、人差し指に対して比較的浅く、親指に対しては若干深くバレルを保持し、トップ(テイクバック最下点)から人差し指をガイドにして、親指を下方向に捻り込みながらリリースする格好になります。

ポイントになるのは、親指と人差し指が、全く違う動作をしていると言う事。

均一な動作がさせ難いのであれば、違う動作を意図的にさせれば良い訳です。結果としてそれが理に適うのであれば。
私自身が投げて感じた事としては、この投げ方は、この動作に一番の意味があるように感じています。このリリース方法では、この動作を明確にすればするほど、ダーツに回転が掛かります。
私が、“結果としてダーツに回転が掛かる”と言うようにしているのは、これが理由です。

私にとっては、別に回転が掛からなくても良いのです。このリリースが出来ていれば、欲しかった結果(左右にずれる要素の少ないスムーズなリリース)が手に入る事が確信できましたので。
むしろ回転を掛ける事を意識しすぎてしまう方が、求める結果から離れていくようにも感じました。

気を付けなければいけない事としては、上記の『回転を掛ける事自体を目的にしない』というのは、真っ先に挙げられると思います。
ダーツの回転は副次的な結果です。それ自体にメリットが無い(少ない)モノを気に掛けていたら、本質を見失います。

さて。
連日のエントリで理屈をこねてみましたが、言うまでもなく、コレは私の私的な方法論であり、仮説の一つに過ぎません。
私は自分がしようとしている事に対しては、何某かの理屈や納得できる要素がないと我慢が出来ない人間なのです。

もうね、盲目的に何かを信じたり、飛びついたりするには、おじさん歳をとり過ぎてるので。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 16:18| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

回転に関する幻想と現実。

さて。

ダーツに回転を掛けるが掛かる投げ方をはじめて暫らくが経っています。

習熟・慣熟と平行しながら、色々と調べ物をしていました。
とりあえず、回転を掛けるのは良いとして、何故多くのプレーヤーがそうするのか、何か明確な理由があるのか。
実は調べれば調べるほど、明確な答えがないという事だけしか判りませんでした。

得られた結論と言うか、仮説としては、ダーツを回転させる事、特にダーツが回転する事自体には、実は意味が余りない。加えて、一般に語られているダーツが回転するメリットは誤解なのではないかと言う事。

では何故、多くのプレーヤーが回転を掛けるのかと言う問いに対しては、ダーツの飛ばし方・飛び方に対する方法論ではなく、リリースに関しての方法論の一つなのではないか。
つまり、スムーズにリリースが出来るような親指と人差し指の使い方が、結果として、ダーツに回転を与えているだけなのではないかと考えました。

勿論、異論・反論はあると思います。むしろ欲しいのですが。実際どこにも私が納得できるレベルの情報がないのです。

まずは、一般に良く語られるメリットを潰して検証してみます。

1.フィル・テイラーをはじめとした多くのPDCトッププレーヤー達がダーツに回転を掛けている。
典型的な誤謬でしかありませんよね。フィル・テイラーを引き合いに出すときに良く語られる『ボードに対して平行に刺すため』と言う彼の言も、他の選手の刺さり方を見る限りには、回転を掛ける理由としては弱いとしか言えません。

2.回転によってダーツの姿勢が安定する。直進性が向上する。
コレについては一番もっともらしくジャイロ効果と言う力学用語で語られますが、本当でしょうか。
個々で調べていただければ良いと思いますが、そんな壮大な物理学的要素が、スローラインからボード面までの2m44cm、手から離れてからを考えれば2m足らずの距離でどのレベルで作用しているのかは、正直疑問としか言いようがありません。

それでもと思う方は、一度フライトを付けずに投げてみてください。ワンスローの3本全て、きれいにターゲットに刺す事が出来る方がいらっしゃれば良いのですが。姿勢の安定と、直進性の担保は、あくまでもフライトとシャフトの仕事だと思います。ジャイロ効果の例でよく挙げられる、コマのような高速で回転している物体ですら、姿勢が安定するのに数秒掛かりますが、1秒足らずでターゲットに到達してしまうダーツであれば、何をかいわんやです。

3.回転する投げ方をすると、飛びが良くなる。矢が垂れない。
コレに関しては、上記の2と絡んで、特に回転を掛ける投げ方をしている人であれば、結果として事実ではないかと捉えられる方も多いと思います。
ただ、コレに関しても、回転自身が結果に直接作用しているとは考えにくいように思います。
ダーツにプレイヤーから見て反時計回りの回転を与える場合、一般的にはバレルに最後まで触れている指は親指です。人によって表現やニュアンスは様々ですが、下からバレルを弾く、または押し出す格好になります。
最後に下から上に向かって力が加わるのですから、ダーツは嫌でも上方へ向かって飛びます。回転が掛かっているから飛びが良くなっている訳ではないと思います。

野球のジャイロボールと混同しているような人も、たまに見受けられますが、アレは球体で、また別の力学の話ですし、現実のジャイロボールは漫画で良くある話とも全く違うモノです。

4.ハードダーツの場合、回転を掛けている方が刺さりが良い、深く刺さる。
むしろ聞きたいのですが、一般的な男性であれば、普通に無回転で投げていても、裏の板にまで刺さるのに、それ以上を求める必要性と意味に付いて教えて欲しいです。
螺旋の力を求めているのであれば、それは男のロマンなので仕方ないですが。
ともあれ、実際試してみましたが、変わりませんよ。

ソフトダーツであれば、チップが緩む原因にはなりますけれど、刺さりが良くなったとは思えなかったですね。刺さりが良くなったと聞く事もありますが、それはむしろリリースが変わった事によって、力の伝え方の効率が良くなった事に起因するものだと思います。


他に何かありましたでしょうか。
ともあれ、私にとってはこの程度のモノです。
まぁ、悪魔の証明みたいなモノです。真相は誰も語りませんし、もしかしたら誰も知らないままにしているだけの事かも知れません。

色々バッサリとやりましたが、それでもこの、回転が結果として掛かる方法論自体には意味があると感じています。
グリップとリリースに関しては。
多分続きます。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 18:25| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

こんなはずじゃない2月。

さて。

私は仕事柄、『デジカメはいつが一番安いんですか?』と聞かれてしまう体質なのですが、常々2月と答えるようにしています。

1月から3月初旬に掛けては、物が一番動かない次期です。
12月で色々な意味ではじけて、その勢いで1月をやり過ごし、気が付けば2月。
今は若干違いますが、基本的にカメラ関係の新製品は、3月からが本番です。2月に見本市がありますので。

新製品情報が行き届いた状態で、モノが売れる訳もなく。
多少損をしてでも売りたい時期がこの2月と言う訳です。
極端にブランド等にこだわらない方であれば、かなり良い買い物が出来ると思います。

ェ?ボーナス時期?決算期?
ボーナスゥ?ボーナスで浮かれてる連中に安く物を売るほど、店もメーカーも優しくないですよ。
放っておいても売れるシーズンに、本当に安い品物があると思っているなら、想定予算から1万引いた財布持って量販店に突撃してこい。そして泣きながらアマゾンでポチれ。

決算期ィ?お役所が年度末に地面掘り返す訳じゃあるまいし、四半期(3ヶ月)単位で業績見直すメーカーが殆どのご時勢で、決算期に本気でモノが安くなるとでも思ってるんですか?

※量販店は、一年単位の数字よりも、昨年対比の数字を月ごとに追いかけます。つまり毎月満遍なく売れていたほうが良いと言う考え方です。ちなみにデジカメやビデカメ等の光学機器系が一番売れるのは、実はボーナス時期ではなく9・10月。

閑話休題(シツレイシマシタ)。
2月はモノが動かない時期です。つまり暇なのです。
昨年もそうでしたし、一昨年もそうでした。
この業界にいて、バカみたいに忙しい2月なんてモノは知りません。

だからと言って勉強会の予定ばっかり何故入るのか。

色々予定が狂っております。
いくら暇だからって、いや確かに暇だから出来る事ではあるのですが。
なんでカメラ屋の店員相手に、カメラの基本構造から教えなきゃいけないんだよぅ…
どんな理屈で、販売現場から5年も離れてる奴が、現役の店員相手にカメラの売り方教えなきゃならないんだよぅ…

みんな時代が悪いんや…
リーグにも出れず、悶々と自室で練習しております。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 22:26| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

ここ数日の徒然綴り書き。

さて。

最近試している事。
“結果としてバレルに回転が掛かる”リリース。
形にはなってきています。意外と簡単とも言えますし、結構難しいとも言えます。
ただ勘違いしてはいけないと思っているのは、『回転が必要なのではなく、結果として回転が掛かるようなリリースが必要』と言う事。
勿論人それぞれだと思いますが、コレも結局方法論の一つでしかありません。万人に必要とも思いませんし、実際2年前の私には必要のないメソッドだった筈です。もう少し突き詰めていけば、何か書き留めれると思うのですけれど。

フライトを固定タイプに変更。
Fitでシャフトからロックしてしまうと、Air以前のノーマルタイプのFitフライトは、スピンシャフトで使えなくなってしまいますので、スティックのりで止めています。コレだとフライトにのりが付かないので、使い回す事も可能になります。
スピンタイプとロックタイプでは飛びに違いがあるという事は、よく言われる事です。
フライトがしっかりとシャフトに固定されている方が、飛び自体は良いのです。
先日久しぶりにLフライト+シャフトのロックタイプを使ってみたら、飛びの感覚が違ったので、ちょっと試しています。
フライトから見た場合の飛びの感覚は、やはりDELTAが自分には合っているので、今はこんな感じで使っています。

感銘を受けた14歳の言葉。
『外には週一ぐらいでしか投げに行けないから、家では毎日30分、集中して投げる』
自分に足りないのはコレだとしか言い様がありません。自室で30分と言わず、いつまでもダラダラと投げてはいますが、彼の様に集中しているかは恥ずかしくて比べようがない気がします。
『背負うた子に教えられ』ではありませんが、聴くべき言葉を発する相手を年齢では量れません。


ここ暫らくの5ヶ月ほど、何かにムキになるかのように、ほぼ日刊でブログを更新していましたが、外から適当にネタを引っ張ってこずに良くやってきたモノだと自分でも驚きます。

ですが、それでもまぁ限界ですね。

元々が自分の為の覚え書きです。日記である必要は余りないのです。
ダーツに対してのモチベーションなのか、ブログに対してのモチベーションなのかも余り書き込みすぎると曖昧になってきます。
そもそも読み返しにくくなってきましたし(^^;

少し原点に立ち返るべき時なのかも知れません。
『ほぼ日』返上を宣言するにはまだ早いとは思いますが、それも含めて。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 02:54| 奈良 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

小休止。

さて。

最近は料理を作るのに何となく慣れてきました。
塩コショウして火を通せば、大体何とかなります。
…自分の食生活が何となく心配です。

今朝、いつものように起き抜けにボードに向かってワンスローしたら、肘に激痛が走りました。
今まで無かった事なんですけどね。
患部が熱をもっていたりはしていないので、一時的なものでしょうけれど、ちょっとショック。

まぁ、今日はちょっと小休止。
少し、お休みしたら何とかなっている事でしょう。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 01:02| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

ハッピーアミーゴ新春ハウストーナメント。

さて。

今日は良く出入りさせて頂いている、ハッピーアミーゴのハウストーナメントでした。

当初、200人超の参加人数と聞いていましたが、最終的には200には達しなかったものの、とんでもない人数が集まっていました。
マーク・C・アラビス選手、浅田斉吾選手、そして山本信博選手と豪華な招待選手達に加え、PERFECT・JAPAN問わず近隣から多くのプレーヤーが集まって、ちょっとした規模の大会でした。最早ハウトーとは呼びにくい(^^;

私がエントリーしたのは、オートハンデダブルスと、オープンシングル。
ダブルスはラウンドロビンは抜けたものの、相方の子が頑張ってくれたにも拘らず、私が不甲斐ないダーツをしてしまったおかげで、敢え無く一回戦敗退…Orz
しかも最後の試合が終わった直後に、少し私がイライラしてしまって、いらぬ事を口にしてしまったので、せっかくペアを組んでくれたのに、もしかしたら気分を害してしまったかも知れません。
その子に対して何か暴言を吐いた訳ではないのですが、いらぬ事であるのには変わりないので、少し後悔があります。

ともあれ、気を取り直してのシングル。
参加人数が人数なので、3時間近く時間が空きました(^^;
1回戦はしっかり飛ばせて勝利しましたが、2回戦はJAPANの中堅プレーヤーと当たり、ワンミスを取り返せずに悔しい敗退となりました。
それまでがしっかりと撃ち合えていただけに、悔しさもひとしおです…Orz

まぁ、去年のハウスから比べれば、上出来と言えるダーツが撃てたので、得るモノはあったのでしょうが、やっぱり悔しいものは悔しいですね。
また一から頑張り直しです。

トーナメント中に見ていて気付いたのは、トッププレーヤーのサービス精神旺盛な事。
マーク選手は常にハイテンションで笑いの輪の中心にいました。もちろん其処に人が集まると言うのもあるのですが、率先して輪の中に入って皆を笑顔にしていく。
浅田選手は、自分のホームの人たちを何人も連れてきていたのですが、時間が空けばちゃんと彼らの試合を応援していました。
こう言う部分も含めて、トッププレーヤーなんだなと、改めて尊敬しましたね。

ともあれ、悔しいながらも楽しい一日でした。少し飲みすぎてしまった上に、半端に寝てしまったので、二日酔いの様に若干頭痛がいたします(^^;
あの大人数を捌いたロケーションのスタッフ達にも拍手!

お疲れ様でした。次回もさらに楽しみたいですね。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 23:44| 奈良 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | トーナメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

セパブル三昧。

さて。

明日がハウストーナメントだからと言うだけではないのですが、ここ数日は結構投げておりました。
何故か昨日は、対戦はセパレートブルでばかりしておりました。

JAPANプロやPERFECTプロに相手をしてもらいながら、延々と20Tを狙うのです。
ダーツライブのJAPANモードはマスターアウト。PHOENIXのPERFECTモードはダブルアウトなので、アレンジが途中からややこしくなって混乱したり。

まぁ、来週の岡山に行く予定の人や、これは私もですが3月の神戸から参戦する予定の人がいたりなので、自然とそうなったのでしょうね。

最近の調子としては、意識している事が出来ている割合は、7・8割といった処。
徐々に身体は慣れてきている感じがします。
今の調子であれば、失投をなくすだけでレーティングは一個ぐらい上がりそうなものですが、そうそう簡単になくならないのが失投と言うものですね。しかも『ここぞ』と言う時にやらかすので勝敗にも大きく影響しているのが気にはなります(^^;

まぁ、今は焦ってもも仕方ないと思いながらやってはいます。
そう思いながらも、焦りはありますがね。
回りに置いて行かれないように、追い越されないようにと思ってしまうのは、それはそれで致し方ないことですがね。

ともあれ、明日はハウスです。
今日は調整程度に練習して、お酒は少し控えめにしておきましょうかね。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 23:21| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

如月朔日。

さて。

もう2月ですか。
『一月は行く、二月は逃げる』と申します。
そうでなくとも年々時間が経つのが早く感じるのに、これ以上加速されても困るのですがね。

ともあれ、今週末にはハウストーナメント、その一月後にはPERFECT神戸。
数字的にはパッとしない先月ではありましたが、そろそろ形にしていかないと。

まぁともあれ、今月もよろしくお願いします。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 06:11| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。