2013年03月31日

ダーツの情報リテラシー。

リテラシー【literacy】:読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。
Yahoo!辞書より引用

さて。
今から少し過去の話。夜中の2時だか3時頃にロケーションで交わした会話を思い出しました。
『そんな話、誰もあんまりしてくれない』で終わる話です。

話をしていたのは、レーティングが10より少し下の子なのですが、JAPANのライセンス保持者です。
今の自分自身に出来る事と、ライセンス保持者だと言う事で回りに要求される事、自分自身がやりたい事のバランスが、ちょっと崩れてしまっていたのかも知れません。

曰く、『入らない。TON/HATが出ない…』

ところで、Rt10未満の人が01ゲーム10ラウンド中に、どれだけのブルに入れられるでしょうか。
スタッツから見た計算上は、TONもHATも無くてもおかしくは無いのです。もっと言ってしまえばノーブルのラウンドがあっても帳尻が合う計算。
もちろん、向上心と欲はあってしかるべきだと思いますが、そこまで思いつめる必要は無い筈なのです。
何でそんな風になるのでしょうね。

私が良く寄せていただいているロケーションは、スタッフやププレーヤーも含めSAが揃っています。
常連客の中にも、私なんぞを含めるのはおこがましいほどAAプレーヤーも豊富です。
特に最近は皆、成長著しいので、壊れたおじさんなんかは虫のような存在です…(^^;

傍から見れば、そんな恵まれているであろう環境です。
何でそんな風になるのでしょうね。

私がアドバイスさせていただいた事は、今現状で追いかけるべき数字(PPD/PPR/MPR)と、使っても許されるラウンド数。
もっと細かい数字を伝えたと思いますが、大まかには上述したような数字です。
そうして返ってきた言葉が、冒頭の『そんな話』云々のくだりです。

そりゃね、Aフラ未満の子にとって、TON/HATを基準に01のアレンジやトライの話をしても、何の役にも立たないですって。
トリプルで削るアレンジが必要になってくるレーティングって、幾つ位からですかね?
少なくともAAからですね、現実的な問題として。
クリケットにしても同じです。5マーク・7マーク基準にゲームの組み立ての話をされても、困るのです。
ある意味において、AA以上の連中よりも、Aフラ未満の子達の方が、ダーツ一本の価値は重いのです。
一本外してもリカバー出来ると思えるか、一本外したら後が無いか。そう云う差が、現実としてあります。

そう言った話をせずに、ベストパフォーマンス前提の話をして、誰が得をするんでしょう?
SAやAA同士が意見交換しているのなら判らないでもないですがね。違うよね?こう言う場合は。

必要なのは、分解された情報です。出来ればオーダーメイドで。
情報を渡す側は、相手のためにどれだけ情報を分解できるかに腐心すべきでしょうし、情報を受け取る側も、自分に照らした時にどういう情報として受け入れるべきかを読み解く必要があります。

SAやAAは、Aフラの気持ちなんてとっくの昔に忘れてしまっていますし、Aフラ未満はAA以上の考えなんて思いも寄りませんし、知った事ではありません。

それぞれがお互いの立ち位置を理解して、初めて情報やアドバイスってモノは活きてくると思うのですが。

情報リテラシーなんて云う、下らないネット用語が散見されるようになって随分と経った様に思いますが、提供する側がちょっとだけ優しく思い遣って、受け取る側がちょっとだけ想像力を働かせれば、全て丸く収まるだけの話だと思うのですけれどね。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 00:34| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ雑考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

バレル撮影講座。【否ダーツネタ?】

さて。

作例1.JPG今回はちょっと毛色の違う話を。
バレルレビューでは、エントリの中身よりも写真に気合を入れている気がしますが、実はそんなに難しい事はしていません。
ちょっとしたコツと工夫があれば、誰でも撮れる写真だと思いますので、そんな話を。

1.背景をスッキリと。
台紙各種.JPGバレルを撮影する際、まずは背景になるものを用意したほうが良いと思います。
机の上等で撮影するのも、もちろん問題はないのですが、背景に余計なものが写ってしまったりすると、メインの被写体であるバレルに意識が向きにくい写真になってしまいます。

私が良く使用するのは、枠無しのコルクボードや、英字新聞を使ったパラフィン紙。金属板等です。
コルクボードは100均で手に入りますし、パラフィン紙は自作します。WEBで調べていただければ、簡単な作り方が見つかりますので、挑戦して頂ければと思います。色々な紙で作っておくと、女性の方などは、何かと便利な使い方を思い浮かべていただけるかも知れません。
金属板はホームセンターなどで手に入ります。大きさにもよりますが、リップポイント一袋分ぐらいの価格で充分な大きさのモノが手に入ると思います。

パラフィン紙.JPGアルミ板.JPG
背景が違うだけでも、結構写真から伝わるイメージは変わるものです。
和紙等も100均で簡単に大きなサイズが手に入るので、重宝すると思います。

ちなみに前回の迦楼羅4BAでは孔雀の羽を使いましたが、画材店で手に入れました。1本の値段は紙フライト程度でした。

2.逆光は勝利。
背景はもちろん、カメラ機材が揃っていない状態でも、これだけは気を使っていると言う部分があります。
それは照明です。写真は光がないと撮れませんからね。
順光作例.JPGダーツのブログに限らず、何がしかの小物を撮影してアップされている場合、この写真のように、カメラの方向から明かりが来ている写真になりがちです。場合によってはフラッシュを光らせていたりもします。
被写体はしっかりと写っているので、これでも悪くはないのですが、カメラ方向からの光だと、どうしても立体感に乏しい写真になってしまいます。

コルク板.JPGダーツバレルは基本的に円筒状の金属なので、照明の加減(方向)一つで、質感を際立たせることが出来ます。
被写体となるバレルの奥から光が当たるようにしてみてください。
こんな感じになります。
逆光と言われる、こう言った方向からの光の方が、陰影が付きやすいので、立体物の撮影には適しています。
もちろん目的によって必要な光の質は変わりますが、商品撮影等でも多くの場合は逆行気味の照明が基本です。
自室での撮影であれば、窓辺などで撮影すると、簡単にこう言った光線状況で撮影できます。
夜間しか時間がない方であれば、蛍光灯の明かりが頼りになると思いますが、明かりの位置が真上から少し奥になるように、撮影位置を工夫していただけると、比較的楽かもしれません。

3.あると便利、あったら写真はもっと面白くなる。
上記の2点だけでも気を使えば、結構写真が変わると思いますが、ちょっとした便利グッズがあれば、さらに写真の雰囲気を変える事が出来ます。

レフ板なし.JPG例えば、こう言う写真があったとして、これはこれで悪くないと思うのです。目一杯寄っての撮影で、バレルの質感もソコソコ感じられますし。
でも逆光で撮っているので、手前が暗く落ち込んでしまってますよね。

レフ板.JPGそんな時にはレフ板を使います。
写真ではアルミホイルを折り畳んだモノを使っています。アルミホイルを使う場合は、つやの無い方を表として使ったほうが、均一でやわらかい光を当てることが出来ます。
私の場合は、名刺を折って使ったり、手帳等も利用します。要するに、小さい白い紙で、自立させれるモノなら何でもOKです。

レフ板使用.JPGそうやって、影の部分に光を少し渡してやると、こんな感じになります。
金属は少しの光でもしっかりと反射してくれますから、こう言うちょっとした工夫で写真の印象を変える事が出来ます。

ダーツスタンド.JPGこんなダーツスタンドがあれば、縦位置の写真なども撮りやすくなりますね。

SEL30M.JPGさて、もしもレンズ交換式のカメラをお持ちの方がこれを読んで頂いているのであれば、是非使ってみていただきたいのが、マクロレンズです。
レフ板の作例写真2枚は、そのマクロレンズを使用して撮影しています。
マクロレンズは、接写レンズともいって、被写体を大きく拡大して撮影できるレンズです。
メーカー毎に用意がありますが、手ごろなお値段のレンズも増えてきたので、お勧めです。
DMCのバレル、2本分ぐらいのお値段でしょうかね。JOKER DRIVERのバレルよりは、お求め安い金額のモノが多いです。

三脚.JPGあとは三脚等もあると便利です。
私も適当に撮る時は手持ちで撮影してしまいますが、接写する際にはブレたりしやすいので、あった方が良いアイテムの一つです。
価格はモノによってまちまちですが、バレルほどの値段のモノはそんなにありませんので、気が向いた方はどうぞ。

撮影状況.JPGちなみに撮影風景はこんな感じになります。
かなりバレルに接近して撮影している状態ですね。
写真左側に窓があります。
レンズによっては、もっと離れた状態で撮影できるモノもあるのですが、そこはそれぞれですので、お気になさらず。
背景やバレルの置き方によって多少の差は出ますが、大体ここのブログにアップされている写真は、こんな環境で撮影しています。

4.なにもなくても大丈夫!
通常は、そうやって撮影したデータを、フォトショップで開いて、ゴミ取り・細かな修正・サイズ変更等をしてブログにアップしますが、別に有料のソフトがなければいけない訳でもありません。
Picasaと言う、グーグルが提供しているソフトがあります。
本来は、写真の管理や、WEBへのアップロード、Google+との連携等の為のソフトなのですが、編集機能も結構充実しています。
私の写真でも、枠線や、写真下に入れるブログタイトルの挿入等は、このPicasaで行っています。
修正が必要無いデータ等は、フォトショップも使わずに、Picasaだけで済ます事もあります。

上の方ではマクロレンズの話をしていますが、必要と言う訳でも、無いと難しいと言う訳でもありません。
例えば、このエントリの一番目の写真。
この写真は、カメラに最初から付属している、一般的なズームレンズで撮影しています。3倍ズームぐらいの数値になりますかね。
被写体にちょっと寄りにくいレンズなので、これが限界なのですが。

作例1トリミング.JPGこれは、冒頭の写真をトリミングしています。
切り取って拡大しているだけなのですが、結構印象が変わるものです。
今のデジタルカメラ、スマートフォンであっても、オーバースペックと言えるほどの高画素です。
多少トリミングしても画質は劣化したようには見えません。ましてWEBにアップロードする程度なら、結構思い切ったトリミングが出来ます。
これもPicasaで出来る機能です。

ダーツブログでのエントリですので、【バレルの撮影講座】と題してみましたが、小さなアクセサリーや、コレクションアイテムなどの撮影に応用できるモノだと思います。
だいぶ長いエントリになってしまいましたが、これを機に写真撮影に興味を持っていただければ幸いです。
面白いですよ?


今月は気が付けばカメラのレンズを3本も買ってしまって、来月の支払いに今から戦々恐々としています。
レンズ交換式の一眼レフや、ミラーレスと呼ばれるカメラは、レンズで見える風景が大きく変わるので、レンズは非常に重要なのですが、下手なカメラ本体を買うよりも高い場合が多いので、モノによっては清水の舞台から飛び降りる思いです。バレルを馬鹿みたいに買ってる場合じゃありませんね(^^;
まぁそれでも、再来月辺りにはそんな事も忘れてまた買ってると思いますがね。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 17:41| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

投げれるだけでシアワセ。

さて。

およそ一週間ぶりに投げてきました。
ダーツが出来る事は、幸せな事ですよ。

身体が痛まないのもそうですし。
無駄な時間を費やせると言うことも勿論ですし。
下らない事で笑い合える友人に囲まれる時間は、何物にも変え難いです。

故障がどうにかできた訳ではないのですけどね。
ステロイド製剤の点滴を処方してもらったおかげで、今日の夜ぐらいから、ほんの少しだけ、まともに身体が動いています。
明日の夜辺りには解けてしまう魔法のようなモノです。

ステロイドに関しては、様々な意見がありますが、消炎鎮痛を目的とした薬剤で、人類はいまだにこれ以上のモノを見つけられていません。
モルヒネがあるじゃないかと言う意見もあると思いますが、アレは痛みをとるのではなく、忘れさせると言うニュアンスに近いものです。

ステロイドだろうが、ビタミンだろうが、所詮はドラッグです。
重要なのは副作用云々ではなく、結局はセットとセッティングである事はどんな薬でも変わりません。

話は変わって。
整形外科診療で、MRIを初体験してきました。
話には聞いていましたが、聞きしに勝る喧しさですね、アレは。
ネット歴の長い人なら判っていただけると思いますが、モデムの通信音が大音量で耳元で聞こえていると思ってください。他にもいろいろな音がなりますが。

まぁ、そんな音の中で、私は居眠りしていたのですが。
むしろ音が止んだ瞬間に無音に驚いて目が覚めるとか。

ともあれ、今抱えている症状の原因のようなものが見えてきました。
お医者さんは、それでも断定できないらしいのですが。
曰く、『聞いてる限りの症状だと、ここだけが問題になってるとは考えにくい』との事。
まぁ、チラッとイラつきましたが、尤もな話だと思います。
レントゲンやMRIで客観的な事実を確認しているのですから、患者の主観で述べられる意見ばかりを聞いてはいられませんから。

これが接骨院だと真逆になります。
コチラは客観的な事象を確認できませんから、施術師と患者の主観だけで物事を判断せざるを得ません。

そしてそこに、両者の意見や見解を聞いた上での私の判断が入ります。

基準を何処に置くか、何を優先するか等で、天秤はどちらにも傾きかねません。
土曜日には接骨院で2回目の施術。月曜日には、カンファレンスに通して意見が固まった状態の整形外科です。
天秤はどちらに揺れるのでしょうね。
まぁ、なるようにしかなりませんが。

まぁ、極端に大げさなモノではないようです。経年劣化のようなものですので、ダーツが原因と言う訳でもないように感じます。
日頃の、と言うか、長年の不摂生のツケの様なモノのように感じています。
どちらにせよ、夏までには何とかしたいモノです。

しかしまぁ、私のようなタイプのプレーヤーは、三日と置かずに投げないとすぐに下手になりますね。
今日はHATが少なかったです。
故障の影響もあるのかも知れませんが、ここぞと云う処でのノーブルも顕著でした。
『今日は意地になって投げちゃ駄目だ』と、自分に言い聞かせて帰ってまいりましたが。
でも久しぶりの、『投げれている感覚』は、本当に楽しかったです。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 03:40| 奈良 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

自分を知るという事。

さて。

今夜は水曜ローカルリーグなのですが、今回は過日の報告の通り、壊れた上に繰り手のいない文楽人形のようになっておりますので、お休みさせていただいております。
先週のように応援に行こうかとも思ったのですが、行くと投げたくなる>入らない>意地になってアップ>色々オジャンと言ったループを回避するには、行かないと言う方法しかなかったのです。

チームメイトの皆様、ごめんなさい。

基本的に私は我の強い負けず嫌いです。
もしかするとそうは見えないと言う人も多いかも知れませんし、既に看破して下さっている人もいると思います。
いい歳をしたオッチャンなので、年相応には感情は隠せているつもりですが、こんな歳になってもダーツと言う勝負が絡むスポーツにムキになっている時点で察して頂ければと思います。

まぁ、自覚はしているつもりなので、大目に見た上で、生暖かく見守っていただければと思います。

自覚はダーツに於いて、大切な事だと思います。
何を思って投げていると調子が良いとか。
外れた理由を探す時とか。
調子の判断だとか。

自分を知った上でそう言った基準を作る事は、同じ動作を続ける競技に於いて、とても重要になってくると思います。
第三者から見て間違っていても、とりあえずは良いのです。自分に照らした時にさえちゃんとその理屈が合っていれば。
一つの物差しが機能すれば、その物差しの精度や真偽も、追々変わっていきます。

大切なのは、自分の中に自分を基準とした物差しを作るという事。
今よりももっとと思う気持ちがあるのならば、他人の基準で一喜一憂しても仕方ない。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 00:02| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

試せる事は全部やる。今決めた。

さて。

夕方から接骨院へいって参りました。
さすがに一度の施術で何がどうなる訳でもありませんが。
少し症状が緩和されているような気がするのが気の所為かどうかは、明日以降に判るのでしょう。

明日はまた整形外科です。
はじめに掛かった時とは症状が変わっているので、どう説明すれば良いものか、今から悩みますが、とにかく最短で身体を動くようにしたいです。

こう言った故障やトラブルで、焦るのが禁物なのは、頭では理解できてはいますが、私には余り時間がありません。

まぁ、独りで焦っても始まりませんので、回りを巻き込んで焦る事にしました(^^;
そう云う感じです。

ネタが溜まったらそう云う事も書き留めれるかなとか思いつつ。
同じ故障を二度も三度もしたくないですから、何がいけなかったのかもはっきりさせておきたいですからね。

とりあえず、試せる事は全て試してみます。
そう云えば、ダーツのスタンスも私はそうだった筈ですから。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 01:00| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

夢見月の覚え書き。

さて。

今週末辺りには、関西の桜も見頃でしょうか。
花より団子ならぬ、花見酒と行きたい処ではありますが、下腹の出方がそろそろ気になってきました。
今月もあと一週間、週が変われば4月です。
毎年の様に思いますが、月日が経つのが本当に早く感じるようになりました。

調子は悪くなかったです。
うなぎのぼり!とまでは行きませんでしたが、第一週目を過ぎた辺りから、少し視界が開けた気はしていました。
何をどう変えたとか、そう云う事ではなく、3投同じ事を身体にさせるには、何を気にすれば良いのかを再確認しただけですが。
例えばの話ですが、フリーハンドで図形を描くのはとても困難だと思いますが、ココをなぞれば良いと言う印が何点かあれば、フリーハンドよりはずっと描きやすくなります。
スタンス・グリップ・セットアップ(アドレス)・テイクバック・スローイングの工程の中で、自分とダーツボードの間に印を付けていく作業。
私は忘れっぽいのですぐ忘れてしまうのですが。

ハイスコア更新。
プラクティスゲームで、久方ぶりのハイスコア更新がありました。
とは言え、カウントアップではなく、HALF-ITと、EAGLE'S EYEですが。
HALF-ITが958点と、EAGLE'S EYEが650点。近いうちに大台に乗せたいですねぇ…
カウントアップは数年前に出した1170点のままですので、コチラも1200点目指して頑張らなければですが。

きっと靴の所為ですよ!多分。
『note.さんって、つま先地面に付いてる?』の一言でハタと足元を見遣れば。
つま先、浮いてますね、うん。
私がダーツで履いている靴自体が、つま先が軽く上に反っている事もあるのですが、確かにつま先に力は入っていませんし、接地感もありません。
私のスタンスの場合、足の外側、小指の付け根辺りでバランスを取っているので、気にしていませんでしたねぇ
まぁ、踵が浮くよりは良いのではないでしょうか。

後進の目を摘まぬよう、摘まれぬよう。
最近若い子達のAA昇格ラッシュで、ロケーションは賑わっています。
このロケーションに良く出没するSA組は、ちょっと色々オカシイのが多いのですが(PERFECT年間2位とか、JAPAN入れ替え戦常連とか、barnセミファイナリストとか…)、おかげで後進もかなり育ってきています。
まぁ、気を付けないと真っ先に餌食にされるのが私になりそうなのですが…Orz

もうね、若い芽を摘むなんて事を豪語できるほどの腕前じゃないので、ボコられないように頑張るだけで精一杯です。
最近、『しょぼいオッチャンでゴメンね』が口癖になりつつあります(^^;

云えない事が増えていく。
このブログ、極少数とは言え、身内にバレています。
正直な処、最近書き留めておきたい事も書きにくくなっています。
彼らの天秤を、私の考え方なんかでは揺らしたくないのです。
このブログをはじめ、色んな処に過多な情報が溢れています。
『個人的な』と前置きした処で、情報である事に変わりはありません。
そして、どんな思惑であれ、ひけらかしている事にも変わりはない
のです。
顔の見えない相手であれば、正直な話責任も感じませんし、信憑性も含めて、まるっきり信じる事すら少ないでしょう。
私から見て彼らの顔が見えている事よりも、彼らから私の顔が見えている事に、不安を覚えます。
要らん事を拾ってくれるなと、そう思うとね。
難しい頃合かも知れません。

ぶっ壊れています。現在進行形で。
さて。
以前から悩まされていた、末端神経障害ですが、先日寝違えて首を痛めたのが引き金になったのか、症状が悪化し始めました。
左手は親指から小指まで全て痺れています。
特に人差し指の痺れは、痛みと思えるほどの時があります。
枕を変えて、首はかなり楽になったのですが、二の腕から肘に掛けても、神経痛特有の鈍痛が走ります。
スタンスを取るのに身体を捻ると、左半身全てといって良いですね。

現在通い始めた病院は、しっかりした整形外科医の方のようなので、相談しながら養生していくしかないのですが、原因がはっきりしない事には、二の手も打てません。
確か友人が近所に良い整体があると言っていたので、教えてもらおうとは思っています。

痛めてはじめて自覚する事ですが、ダーツに於いて、左半身はかなり重要な役目があるようです。
多くの場合、右半身にほとんど重心を預けると思いますが、それを引っ張って支えているのは左半身です。
体重が乗っていない分、かなりの力で支えているようです。
おかげで今、まともなスタンスが取れません。

どちらにせよ。
ちくしょう、また振り出しかぁ…


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 01:29| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

小さな怪鳥。BASARA:迦楼羅4BA

さて。

karura_1.jpg3月ももうすぐ終わり、そこかしこでは桜の便りも届き始めましたね。
東京近郊はもう満開だとか。
ともあれ、春です。
4月を前に、早くも3本目のバレルです。
個人的にも、ちょっとペースが速いような気がしています(^^;

BASARA 迦楼羅4BA
Length:34.0mm MaxDia:7.4mm 16.5g

メーカー説明文引用
2フィンガーグリップのプレイヤーや、バレル後部をグリップするプレイヤーの為に設計されたショートバレル。
7.4mmの太さを感じさせない手離れの良さと、
ターゲットへの方向を感覚的にアシストする縦カットを採用。
4BAタイプ独特のキレのある飛びが体験できる。

以前紹介した雅4BAと同時に発売された、M3規格のチップを使用するバレルです。雅が2BAからのリファインモデルなのに対して、コチラは4BAシリーズオリジナルの形状となっています。

karura_2.jpgシルエットは見ての通りの、オーソドックスなトルピード。
ASTRA/888のJonnyシリーズのフォロワーと言って良い形状です。
全長は34mmとありますが、2BAのバレルを使っていた人であれば32mmほどの非常に短いバレルに感じられると思います。
バレル中ほどから刻まれる彫り幅の狭いウイングカットは、自己主張の強いカットが主流になっている最近のトレンドを鑑みれば、ある意味新鮮です。尤も、薄く刻まれた5本の縦カットは、コレもまた今風のバレルである事を主張しているのですが。

バランスは、シルエットから想像できる通りの前重心。バレル後端からの穿孔が22mmと非常に深く、恐らくバレル先端のM3ネジ圧入基部がしっかりとした質量のコアになっていると思われます。
セッティング状態では、前から2本目のカット辺りに重心が来ますが、バレル後端をグリップする人には、やはり明確な前重心のバレルと映ると思います。
※これは個人的な感覚ですが、バレルバランス、特に投げ味に関しては、重心位置は勿論ですが、コアの位置・質量も重要なファクターとなっている気がします。

幅の狭いウイングカットから伝わるインフォメーションは、複合カット等の掛かりの強いカットに慣れた指には、頼りなく感じられるかも知れませんが、結構しっかりと仕事をしてくれています。
バレルの最後端にある、一段削り込まれたカットのおかげで、バレルとシャフトの接合部が明確に感じられ、、グリップ位置に迷う事も少ないと思います。

投げてみた感想としては、やはり前重心のショートバレルは楽に飛んでくれますね。
私は3フィンガーグリップなので、長さ的にはぎりぎりの数字ですが、バレル自体が前へ向かってくれる力が強いおかげで、短いバレル特有の狙い辛さも余り感じませんでした。

抜けの良いカットのおかげで、腕の振りだけで飛んで行ってくれるように感じがちですが、バレル後端をグリップする人は、テイクバック時にバレル先端がお辞儀をしないように、リリース時に押し込み過ぎないように注意した方が良いかも知れません。
押し込みすぎる=持ちすぎる。結果、ターゲット手前でドロップとなりかねませんので、小石を放り投げるような感覚で、放物線を意識してリリースしてやる方が、楽に飛んでくれます。
控えめな自己主張のカットでもありますので、抜いて投げるスイング要素の強いタイプのスローに適しているかも知れません。

対応するセッティングの幅は広そうですが、イメージしやすい放物線を作るには、シェイプなどの大きめのフライトが合っている様に感じました。
参考までに私のセッティングでは、Fitの4番(インビトL)に、ロケットフライトです。コンドルのスタンダードMサイズでも試しましたが、スタンダードはさすがに大きすぎたように感じました。

バレルの名前、『迦楼羅』は、仏教の天龍八部衆が一柱。仏法の守護神です。
私の住まう奈良では、興福寺や正倉院と言った場所に、仏像だの雅楽面だのがあったりしますので、比較的馴染みのある名前だったりします。
その大元はと言えばインド神話に登場する神鳥『ガルーダ』だそうです。
何せちっこいバレルなので、大空を悠々と羽ばたくとまではしてやれませんが、少なくとも目の前の2.44mの間は、小気味良く飛んでくれるバレルです。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 05:23| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | Barrels. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

謝辞。

さて。

私がこのブログに数年にわたって書き連ねている戯言の中で、“Barrels.”のカテゴリーに入れられているエントリは、私の中では数少ない、『読み手を自分以外にも想定した』ブログエントリです。

アフィリエイトで稼いでいる訳でもありませんし、メーカーやショップから依頼されている訳でもありませんので、好きなように写真を撮って、好き勝手な内容で書いています。

写真に付いては昔取った杵柄と言うか、純粋に楽しみで撮影しているのです。
ブログの内容に付いても似たようなものです。以前から書いているように、最近のバレルは基本飛ぶように出来ています。バレルに『良い』『悪い』があるのではなく、合う・合わないでしかないと思っていますから、貶すような事はしませんが、好き勝手に書いています。
好き嫌いは勿論ありますが、自分で購入してのレビューですから、嫌いなモノのレビューなんて書く訳は無いのです。
ただ知っている限り、感じた限りの事は書くようにしています。

ところで先日、JOKERDRIVER BOSSのブログに、こんなエントリがありました。

リンクを辿ってみて下さい。ここに戻ってまいります。
ブログエントリの全文転載がマナーとして如何かはともかくとして。
イヤ、全文転載だからこそびっくりしました。

ちなみにあのエントリは、私のブログの中でも最大文字数を誇ります。それだけ話があっちへ行ったりこっちへ行ったりして、収拾がついていない内容です。
製品を提供する側として、『要らん事書くなよ』と思われてもおかしくない文言も、一言一句省かずに掲載いただいています。

正直、ちょっと震えました。

BOSS様の真意は判りません。あちらのブログにコメントが残せないので何ともし難い事もあるのですが。
※昨日の話ではないですが、アメブロはそれ自体がSNSとして機能していますね。そしてこれ以上SNSに手を広げるつもりも、私には無いのです。

あのエントリが作り手側の想いや思惑に、ちゃんと合致したモノなのかも、判りません。
ただ、ああいった形で紹介して下さった事に関しては、そして、作り手の方に文章の最後をああいった言葉で締めくくって頂けた事に、本当に感謝です。

JOKERDRIVER BOSS様、ありがとうございました。


さて。
明日か明後日以降には、またバレルレビューのエントリが控えています。
こう云った事はそうそう無いと思いますし、そう云う事を期待している訳でもありません。
私は私のやり方で、好き勝手にやらせていただきます。

他人は他人、私は私です。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 16:19| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

ブログとSNSと匿名、そして本名。

さて。

最近になって、とうとうフェイスブックへエントリーしました。
とりあえず、やっと体裁が整って、身の回りの友人に申請したりされたりも、一段落着いた処です。

mixiも登録していますが、コチラは雑多な交友関係なので、fbはダーツ関係のリアルな交友関係を主にするつもりではあります。
気が付けば、このブログをはじめ、ネット系のコミュニティは広がるばかりです。
fbもそうですし、mixi・Twitter・LINE・instagram・Google+…他にもなんか色々ありますね。

fbとmixiを除いて、このブログを含め基本的に私は匿名で活動しています。
尤も、ブログに関しては、身内バレしてしまっていますので、以前よりも匿名の意味は薄れてしまっていますが。

とは言え今後も含めて、コチラの世界では、私自身から本名を積極的に晒す事は無いと思います。
エントリに書き記した事で、調べれば出てくるようにはしていますし、私以外の人からこのブログを見ても、私個人が言っていようが、botが適当にWEBから引っ張って書いていようがどうでも良い内容ですから。

まぁ他の理由としては、リアルが見え隠れすると、いずれ自分の身の回りのリアルが関わらざるを得なくなるので、迷惑を掛ける人が出てくるのが怖くもあります。

気が付けば長いことブログを続けてしまっていますので、そこら辺りの線引きは曖昧ですし、微妙な綱渡りになりつつありますが。
日記なんて文字通りの三日坊主な人だったんですけどねぇ…続けば続くモノです。

匿名文化がどうとか、記名責任がどうとかの解釈というか自分なりの想いを書きとめようと思って、このエントリを書いていた筈なのですが、案の定どうでも良くなっての尻切れトンボです。
ここ数日SNS関連と格闘していたら、ちょっと妙な気分になったので、こんな話になりました。

まぁ、なんでもいいのですけれどね。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 00:22| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

水曜ローカルリーグ 第10戦。

さて。

水曜リーグの日ではあったのですが。
以前は祝祭日は無かったような気がしたのですが、気のせいでした。

まぁ、私は22時まで仕事をしていたので、参加は出来なかったのですが、仕事が終わってから応援に行ってみました。
結果としては、7−13で負けてしまいました…(^^;
途中からの応援だったので、良い勝負をしていたと思っていたのですが、スコアを見てちょっと思うところが。
01が絡むゲームのほとんどを相手に取られていたんですね。
クリケットは、コチラのAAプレーヤーが担当していた事もあって、何とか拾っていたようですが、他はボロボロでした。
相手チ−ムにも、そこは看破されていた様で、最後のダブルスメドレー、3レグ目のコークを向こうが取ったにもかかわらず、01を選択されるほどでした。
先攻をくれてやってもブル勝負で勝てると思われるほどだったんですねぇ…Orz

やっぱりブルは大切です。
今回の敗北が、チームメイト達にとって、良い刺激になってくれればと思うのですが。

私もこんな事を偉そうに言ってる場合ではなく、しっかりと撃てる様にしていかなければと思うのですが…

左半身が以前にも増して壊れています。
今朝、仕事に行く前にシャワーを浴びて、頭を洗おうと、腕を上げた瞬間に、何か筋を痛めたようで、それから左上半身が動かなくなっております。
首・肩・肘がうまく動きませんh

その状態で今日は一日立ち仕事でした…
明日になったら病院行ってきます…

まぁ、『四十肩ですね』と言われるのは予定通りとして、他に何が飛び出すかが不安です(^^;


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 03:46| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

やっとスタートライン。

さて。

今現在試しているセットアップで、少し調子が上向いているようなので、練習に行ったのです。
ウォーミングアップにクリケットを3ゲーム。
今までは最後のラウンドだけ、ブルを狙うようにしていましたが、1ラウンド目と最後に変更。
身体が仕上がるのが、早くなった気がします。
いつもであれば1501を5ゲームして、やっとアップ完了ですが、01もソコソコに、対戦のお誘い。

そこから気が付けば18メドレーやってました。
ちなみに結果は16勝2敗。
まぁ勝敗はともかく。

やっとRt15に戻りました。

ここへ戻ったのは2年ぶりですかね。恐らくもう少し経っていると思いますが。
何故調子が良いかも自分の中で理解できていますし、結果として出た数字を見ても、01・クリケット共にまとめれています。
やっと戻るべき処へ戻って来た気がします。

私よりレーティングが上の人なら、『そんな程度で何言ってんだコイツ』と感じるでしょうし、下の方であれば、『そこまで行って何がしたいの?』と感じるかも知れません。

私には私の事情があって、まずはここに戻らなければいけなかったのです。

もしかすると、この週末にでもまた下がるかも知れません。調子の浮き沈みがあれば、そう云う事もあるでしょう。

でもまぁ、まずはスタートラインです。

SA目指して、そこまで走って何を見れるか。
もう少しだけ走ります。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 04:26| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

弥生徒然。

さて。

私が住まう奈良では、『お水取りが終われば、春が来る』と言われるようです。
そのお水取りが終わっての週末は、ポカポカと春めいた日差しでしたね。
春ですねぇ

リズム・迷走・リズム
『note.さんはリズムで投げてるから』と言われて久しいのですが、それにはメリットもデメリットも混在します。リズムに乗れている時・乗れない時で調子が乱高下すると言う面は、自分でも気になっていた事ではあるのですが。
『崩れるようなリズムはリズムじゃない』としたり顔で言われてしまえばそれまでですが、人間、自分の中にあるメトロノームはそんなに正確なものじゃないです。心拍数の上下一つで簡単に狂う程度のものです。
それを一定に保つ方法論もあるのですが、そう言ったメンタルコントロールとはまた別の話で。
尤も、私に『リズムで投げると云々…』という人でも、傍から見れば一定のリズムを刻んで投げている訳です。
要はリズムを刻む方法論やアプローチが違うだけ。

刻んでいくリズムを変えるというか、そう云う部分でこの3月初旬は少し迷っていましたが、最近吹っ切れた気がします。
リズムで投げるのがいけないのではなくて、リズムが崩れる事が問題なのであれば、崩れないようにするだけです。まぁ、堂々巡りの末に結局こう云う着地点になるのはいつもの事です。
セットアップからスローまでの一連の作業をしっかりと確認しながら行う事も大切でしょうし、流れを優先してエイヤっと投げてしまうのも悪くはないのです。
出来ればそれを両立する方法があればなお良いだけで。
ルーティンワークというのはそう云う部分を補う方法論なのでしょうね。

バレル買い過ぎ
3月です。まだ一年の4分の一も経っていません。
もう3本もバレルを買っています。
ちょっとやばいペースな気がしないでもありません。
個人的な所有欲というか、物欲は、出来れば別の事に今年は費やしたいと思っていた筈なんですけどね(^^;

それに絡む事ではありますが、手前味噌ながら私のブログエントリの中で、バレルレビューはお蔭様で比較的好評を頂いているエントリです。ありがたい話です。

まぁみんな、人柱が勝手に建ってくれる訳ですから、注目してくれますよね。
気が付けば数年前には結構あった、バレルレビュー系のブログも、ほとんど更新がなくなってしまいました。
そりゃあ、これだけわんさかと新しいバレルが出続ければ、付いて行けなくもなります。
私もそろそろ、他の情報系サイト達のように、手にしないままにレビューを書いた方が良いのですかね。
それ以前に、買うのを控えろと言われれば、本当にそれまでなのですが。

食わず嫌いは勿体無い
先のバレルの話ですが、私は結構好きなバレル・苦手なバレルの傾向がはっきりしているつもりでした。
先日手にしたバレルで、ちょっと目から鱗が落ちる思いをしました。
シルエットやプロファイルだけでは、やっぱりバレルは判らないですね。
投げてみてはじめて判る事があるからこそ、バレルレビューは面白いです。
こんな事を言ってるから、バレルが減らないのですが。

コンドル初体験
DSC01499.JPGはじめてコンドルを使ってみました。
透明感のある素材は、FitのAirよりもキレイに感じますね。
噂に聞いていたほどは重たくは感じません。結局はバレルに応じたセッティング次第でしょうね。
自室で手持ちのバレルの何点かに着けてみましたが、何に着けてもハウスダーツっぽくなるのは、これはさすがに噂通りでしたが。

ちょっと前に年が明けたばかりと思っていたのに、もう3月も半ばを過ぎました。
春ですねぇ。
そろそろ桜もちらほらと開花が噂される頃です。
花見で一杯やるのが楽しみです。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 11:26| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

24時間以内の日常。

さて。

気が付けば、またもや午前様どころが夜が明けていました。
よろよろと自宅に帰って、布団にもぐりこんで。
気が付けば午後4時前。

一日無駄にしたような気がしますね。

昨夜手に入れた色々なモノをカバンから出すのも億劫な状態で、ボーっと身繕いをしていると、ダーツ絡みの友人から電話が。
『パソコンの初期設定を手伝って欲しい』との事。

確か先日も同じ事を言われていたのですが、昨日は確か愛媛にいたので、冗談半分だと思っていたのですが、マジだったのか。

車で数分のところにある、彼の自宅へ赴いて、恐らく送られてきたままであろう牛柄のパソコンの、梱包を解く所から始める事に。

今のPCの初期設定は、設定と名乗る必要を感じないほど簡単なのですねぇ
回線がちゃんと開通していれば、何にも入力しないでも勝手にネットに繋がってくれるのは、ありがたいです。
噂には聞いていましたが、WIN8のメトロスタイルは、マジで使いにくそうです…

一通りのセットアップを終えて、使い方的な説明をして、家を後にしたのが8時前。
ほぼ隣にあるホームセンターで少し買い物をして、自宅へ。

風呂場の水回りを補修して、一息ついたので食事を摂りにまた外出。
チェーン店とは言え、家で食う蕎麦とは一味違いますな。
とりあえず、これが今日一食目の食事です。

昨日は取引先のカメラ店に、アウトレットでレンズが非常にリーズナブルな価格で転がっていたので、頂いて帰ったのですが、安いながらも写りの良いレンズでちょっとテンションが上がりました。

ブログのネタの写真も色々考えながら、とりあえずは撮影した写真を数点FBにアップし終えて、このエントリを書いています。

さて。
そろそろ書き終えますね。
ダーツ練習してきます。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 23:19| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

コチラが試されてる。 Bull's Star:HOSHINO "No-Groove Special"

さて。

Hoshino_ngs2.JPG水曜リーグのチームメイトが、近郊に新しくオープンしたダーツスポットへ行った際に、何かの景品としてゲットしてきました。

今回は、それをちょっと強奪お借りしてのレビューです。

Bull's Star Darts HOSHINO No-Groove Special
Length:40.0mm MaxDia:7.4mm 16.0g

PERFECTで活躍中の星野光正選手。使用バレルは現在グリーンルームから出ていますが、以前は在阪のダーツアイテムブランド、ブルズスターから出ていました。
今もLEGACY SERIESと銘打ってラインナップされていますが、これはそのノーグルーブ版。
シルエット自体は通常のHOSHINOモデルと同じなのですが、写真の通り、バレルエンドに刻印されているロゴ以外は、全くカットが刻まれていない無垢の状態です。

表面は丁寧にポリッシュされていて、しっとりとしたタングステン特有の手触りがあります。
指先に伝わるインフォメーションは、カットがありませんから、ヌメッとした素材感以外には何もありません。
最近トレンドになりつつある複合カットなど、情報量の多いカットに慣れた人には、不安に思う人もいるかも知れませんね。
ノーグルーブ・カットレスモデルと言えば、村松治樹モデルRAPIERを思い浮かべる方も多いと思いますが、アチラも確かにカットがありませんが、バレルのシェイプ自体が一つの大きなエッジとして機能するようにデザインされているので、手にした時にはそれほど不安は感じないように出来ていました。

それに対してこのバレルは、シルエットも何の変哲もないトルピードです。
まぁ手にしてしまえば、それが杞憂である事も、すぐに理解できると思いますけどね。
素材が良いのか、指に吸い付くように張り付いてくれますので、よほどの乾燥肌の人でなければ、しっかりとグリップできるとは思います。

重心はセッティング状態で大体センター、バレル単体では前重心なのですが、一般的なモノよりも少し軽めな事もあって、セッティングに重心は左右されやすいかも知れません。

で、投げてみた感想ですが。
なんて言ったら良いのでしょうねぇ…人を選ぶというか、難しい訳ではないと思うのですが…
向く・向かないは、はっきりと出るバレルだとは思います。

私もそう云う傾向があるのですが、テイクバック時に手の中でバレルが遊んでしまう人には、かなり難しいバレルと映るかも知れません。
カットが無いおかげで、手の中で遊んでしまうと必要な力がバレルに掛からずに抜けてしまう傾向が強くなります。いわゆる『すっぽ抜け』の状態ですね。

テイクバック時に、しっかりとバレルを保持すると言う、基本的な事が如何に重要か思い知ります。

飛行姿勢はとてもきれいなバレルだと思います。
カットが無いおかげで、余計な引っ掛かりがありませんから、基本的に暴れません。
きれいに手から離れて、力が向けられた方向へ飛んで行ってくれます。例えそれが、ターゲットから遠く離れていても。

バレルが勝手に離れて行ってくれるタイミングに任せるのではなく、どれだけキレイにターゲットへ向かってリリースできるかも、プレーヤーの力量次第だと思います。

Hoshino_ngs1.JPG高いレベルで使いこなそうとすれば、それ相応の力量が求められるでしょうし、逆に基本をしっかりと習得したい人にとっては、最高の先生となってくれるかも知れません。
どちらの使い方であれ、このバレルと真剣に向き合っている人は尊敬します。

話は飛びますが、ノーグルーブバレルは手触りが命ですので、日々のお手入れは怠らないのが吉だと思います。
腐食をさせないようにするのは勿論ですが、定期的にダイヤモンドペーストなどで磨いてあげるのも良いかも知れませんね。

色々理屈をこねくり回しながらも、結構頑張っているつもりでいましたが、そんな思い込みを一瞬で吹き飛ばして、目を覚まさせてくれるバレルでした。

まだまだ精進が足りません。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 00:46| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | Barrels. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

午前様。そして仕事、そしてまた午前様。

さて。

先日の水曜リーグは、ディビジョン内の強豪と当たりましたが、何とか勝ち抜ける事が出来ました。
前回のホーム戦では惜しくも負けてしまっていましたので、取り返す事が出来たのは喜ばしいです。

そのリーグ戦の練習で立ち寄った前夜の事。
いつもよりも少し早くロケーションに顔を出したのですが、気が付いたら午前4時を大幅に過ぎていました。

DSC01543.JPG帰る頃には、そこかしこに水揚げされたマグロのような寝姿の方たちが…
彼の名誉のために、顔出しは止した上で、誰かは伏せるとします(^^;

寝れるダーツスポットってのは、ある意味新しいのではないかと。
たまに落書きされてる人とかいますけどね。

翌日水曜日。昨日の日中は神戸で撮影研修の手伝いをしていました。
まぁ、天気予報で覚悟はしていたのですが、参加者が全員集合し終えた頃には、既に空模様が怪しく…
DSC01368.JPGそれでも予定通りに新神戸からロープウェイで、布引ハーブ園に行ってまいりました。

まぁ、季節柄もあり、色とりどりのハーブ達が満開と言う訳には行きませんでしたが、神戸市街からちょっと足を伸ばすだけなのに、空気と景色の良いスポットですね。晴れていれば。

DSC01445.JPGまぁそれでも何とか撮影しながら、そこら辺をウロウロしていましたが、ついに雨が降ってきまして。
屋内施設も結構面白かったので、まぁ結果オーライではありましたが。
ただ、日頃運動しない人が、山の上の施設に長時間いるものじゃありませんね。
数分坂道を登り続けるだけで、もうヘトヘトデス(^^;

夕方に神戸から大阪を抜けて奈良へ帰るのは至難の業です。
まず神戸から出るのに渋滞から逃れる術がありません。雨であればなおさら…

リーグの為にロケーションに、何とか30分前に到着したのは良いのですが、前の明け方から日中の疲れの所為か、立っているのがやっとの状態で疲労困憊しておりました…Orz

もうね、常に半口開けていました。目も焦点が合っていない感じで、常にぼんやり状態。
おかげで全く戦力にならなかったですね、昨日は。

最後のダブルスメドレー辺りから、ようやく色々吹っ切れたのか、体が動いてくれるようになってはいたのですが、やはり納得行かずに居残り練習をしたのが間違っていましたね。

昨晩も結局午前様です。
今日は午後からの仕事だけなのでよかったですが、こんな生活を進んで毎日のように続けられる筈もありません。
好い加減歳相応の自己管理能力は身につけないといけませんね。

判っちゃいるけど止められないのですが…(^^;


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 13:16| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

故郷を、想う。

私が生まれたのは、宮城県仙台市です。
両親共に北海道の出身で、転勤先の彼の地で4歳までを過ごしました。

そこで暮らした記憶は、さすがに40年近く経つと、おぼろげにしか無いのですけれど、私の大切な生まれ故郷です。
今も近郊の名取市には、叔母家族が住んでおり、両親の年忌などには、遠路はるばるこちらまで来てくれます。


2年前のあの日、私は仕事で大阪・松原のカメラ店にいました。
あの時、地面が揺れたのか、私が揺れたのか、とにかく私を含めた身の回りが、大きくゆったりと揺れたことを覚えています。

自宅に戻ってから見た、名取の海岸を襲う津波は、見覚えのある風景が根こそぎ消え去っていく事を私に思い知らしめました。

連絡の付かない焦燥、叔母家族の安否を判断できない苛立ち。
情報リテラシーなんて言葉が無意味な事を痛感させた、各種メディアの無責任な報道、ツイッターをはじめとしたソーシャルコミュニティーのこれまた無責任な流文、デマ。

幸いな事に、親戚は災禍を免れており、私も、今こうして暢気にあの日を思い返せる余裕があります。
今もそうはいかない人達も沢山いる中で、それはやはり幸いな事だと言わざるを得ないでしょう。

私自身はとても小さい存在で、こうして彼の地に思いを馳せながら、非生産的な駄文しか書けない身です。
他に出来る事と言えば、覚えている事ぐらいしか出来ないのも、また事実です。

私にとっての東北は、カタカナで記されるような悲劇の象徴地ではなく、下らないアンチムーブメントの聖地でもなく。
父が6県を駆け回って仕事をこなし、母がやんちゃなガキだった私を叔母と共に追い掛け回した、私の生まれ故郷です。


posted by note. at 15:48| 奈良 | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

黒に染まるのは真理なのか。 BASARA:雅4BA 黒シリーズ

さて。

Basara_m.JPG和モノバレルブランドBASARAから、新作としてM3規格のバレルが登場しました。
以前から気になるブランドではあったのですが、2BAタイプしかなかった事もあり、入手の機会がなかったのですが、満を持しての登場です。

今回登場した3本のうち、人気の高い雅(Miyabi)をM3にアレンジした雅4BAをチョイス。初回限定のブラックコーティングが施された『黒シリーズ』を手にしてみました。

続きはコチラ。
posted by note. at 22:46| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Barrels. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

むしろ何故持っていなかったか不思議。Bull's Star:4BA CONVERTER 『LiS』

さて。

Lis.JPG表題の通りのM3チップコンバーターです。
M3チップを使用するバレルを愛してやまないと常々公言している私ですが、何故か持っていませんでしたね。今まで手に入れる機会がなかった訳ではない筈なのですが、自分でも不思議と言えば不思議に思います。

ともあれ。
2BA規格のバレルを手軽にM3仕様に換装できる便利ツールです。
数社から出ていますが、今回入手したのはブルズスターのモノです。
溝が切られていないVER.1と、コチラの溝が切られているVER.2の2種類があります。
装着するとそれぞれ2mm伸長して、VER.1は0.85g、VER.2は0.83gの重量増となります。

Lis_jpn.JPGJapan Standardに付けてみたらこんな感じです。
さすがにブルズのコンバージョン系のアクセサリーは精度が高いですね、写真の通り寸分の段差もありません。もちろん同社製の4BAコンバージョンポイントとの相性も良好です。

いつもは2BAのバレルで普通にリップポイント辺りをを使用しているのであれば、2mmの伸長は気にならないと思います。Acute Lipはショートチップですので、2mm伸びて同じ位の感覚です。
ですから、『短いバレルを長くしたい』と言うような用途には向かないと思います。

重心の遷移は、個々のバレル特性によるかと思います。特に最近の17gを超える様な重めのバレルだと、余り重心位置の変化は感じられないかも知れません。
Japan Standardの場合は、元が17gと、かなり重いバレルになりますので重量級のバレルがドッカンとターゲットに当たっていく感覚の方が面白く感じました。

Lis_uni.JPG極端な変化を楽しむと言う点では、海外ブランドのバレルに装着する方が面白いとは思います。
UnicornやHarrowsのバレルの多くは、16g未満のモノが多いので、元々の投げ味が軽いですが、これを装着する事で、重量面では国内ブランドのモノと同じ様な重量になります。
元が軽いので、重量増による重心移動も大きく感じられますから、全く違うバレルを投げている感覚になります。

私の様に『M3ありき』でバレルを選ぶ、ちょっと頭のおかしいのは別として(^^;)、ハードダーツをされる方で、ハードソフト共に海外ブランドを使われている方にはお勧めできるアイテムでしょうね。

言い忘れていましたが、Oリングは付属していませんので別途必要です。
まぁ、こう言うグッズを常日頃気にされているような方は手持ちがあるとは思いますが。

ちなみに私は、買いに走りました(^^;


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 13:26| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Darts equipment. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

JAPAN LEAGUE 奈良中南部 DREAMERS 3rd SEASON.

さて。

DARTSLIVEのOFFICIALリーグと、この“JAPAN League”の関連性がいまいち良く判らないのですが、ともあれ、名目上はLIVEリーグのマスターズです。

シーズン毎に各グレード別で行われるようですが、私の場合は前期はG2、中期はG1。そして後期の今回はマスターズグレードでの参加です。

11名の参加プレーヤー中、私を含め9名が何らかのトーナメントライセンスの保持者。
Mr.PERFECT 山本信博選手を筆頭に、とんでもない人達ばかりなのですが…

元々このマスターズと言うか、シーズン後の個人戦に関しては、以前も書いたとおり、進行方法などに疑問があって、余り参加したいモノではないのです。
ただ、チームメイトや良く知ったプレーヤー達がここまで集ってしまうと、参加しないと何を言われるか判らない(^^;
もうね、『抵抗は無意味だ』とか、『逃亡兵は銃殺です』とか、そんな気分…

二組に分かれて行われた予選ラウンドロビンでは、信さんとは別の山なので、決勝トーナメントに上がらないと当たれないのですが、何故か4戦全勝で、予選1位通過してしまいました。
01は序盤こそ、そこそこ飛んでいたのですが、クリケットはグダグダでしたので、まさかこんな結果になるとは自分自身が予想外でした。

ともあれ臨んだ決勝トーナメント。コレに勝てば決勝で信さんと対戦できるのですが…
まぁ自分で首を傾げていて勝てるような相手ではありませんね。
最初の01こそ勝ちを拾ったものの、クリケット、3レグ目の01と落として敗退。

何が駄目とかそう云う問題ではなくて、今の自分に必要なモノが圧倒的なレベルで足りないと言う事だけはわかりました。

練習すればどうにかなる。と言うだけではまだ足りないのでしょうけれど、今の私にはそれぐらいしか自分に課すべき事がありませんので、とにかく練習します。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 13:24| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

水曜ローカルリーグ 第8戦。

さて。

毎週水曜のダーツリーグも折り返しです。
最近はメンバーの集まりが余り良くなく、今回は最少人数の4人で戦う事になりました。

結果は13-4で快勝!

私もソコソコ飛ばせましたが、リーグが終わってから挑まれたメドレーはグダグダでした…Orz
調子のムラがありすぎるのは、余り良い傾向とは言えませんねぇ…

リーグのゲームでも、思う処がない訳ではありませんし、まだまだ問題は山積みのままです。
少しずつでも改善していかないと。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 01:05| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。