2013年04月29日

さてどうしたものか。

さて。

『出来るまでやり切れ』と言われて、現在絶賛奮闘中のつもりではあるのですが。

狂ったようにカウントアップをしても、平均が800に届きません。
そもそもHATが出ない。
LOW TONが82個に対して、HATはたったの27個。いくらぶっ壊れているとは言え、出来ればTONの半分の数字は欲しい処。

その上メドレーをやったらやったで、01の平均が76.6/PPRの、クリケット3.08/MPRとかね、もう事故とか言うレベルじゃないですね…シネバイイノニ

身体が投げるのを怖がってます。
認めたくは無いけれど、恐らく気持ちの上でも。

こう言う感覚はいつ振りでしょうか…Aフラに上がる前後にこんな感じの時があったような気もします。
気持ちとして望んでいる事と、身体が出来ている事のバランスが取れていないんですね。
望んでいる結果と現実が噛み合っていないのは、数字を見ればわかりますが、今の時点で出来ている事に対しても、心のどこかで信用していないようです。

まだ少し、時間がかかりそうですねぇ…

6月早々に、今年も奈良でDJOがあります。トーナメント復帰戦にするべく、もっと頑張らなくては。
頑張るだけじゃなくて、あともう少しの結果と自信を手にしたい処です。

焦っても仕方ない事ではありますが、周りは待ってくれません。
何より、私はそんなに気は長くないのです。

posted by note. at 07:17| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

ダーツバレルに於けるコーティング考。

さて。

coating_barrels.jpg大体調べていた事が纏まってきたので、今回はコーティングについての話です。
以前にS-DARTSのDLCコーティングバレルを入手して、手にした感想などを述べましたが、今回はその補足的なモノと私的な考察だと思ってください。

あと、長くなりますし、読んだところで何の役にも立たないので、そのつもりでよろしくお願いします。

現在、ダーツバレルに施されているコーティングの多くは、大別するとTi(チタン)系かDLCの2種類です。
※TARGETの一部バレルで使用されている、ジルコニウムはチタン系の金属ですので、大まかな意味ではTi系と言えます。シリカは珪素系のコーティングで、ガラスコートに近いものと言えますね。これに関してはちょっと特殊と言って良いかも知れません。
余談ですが、UNICORNのラチナムタングステンは、トレッキー(スタートレックのファン)ネタです。

閑話休題。

まずはTi系のコーティング。
一般的なゴールド色のコーティングの場合、多くは、と言うか殆どはTiN(窒化チタン)コーティングだと思われます。
比較的古くからある、タングステンに代表されるような硬質材料に適したコーティングですので、品質的にも安定しています。今となっては他にも優れたコーティングがあるので、最も安価に施せる表面処理の一つのようです。

TARGETやUNICORNのラインナップに見る事が出来る、ブラックコーティングは、TiAlN(窒化チタンアルミ)コーティングというモノで、国内でオーダーメイドを受け付けているバレルメーカー(King's JapanやSengokuAxial)で、バイオレット色のコーティングも、これに該当すると思われます。
特徴としては、TiNコーティングに比べ耐磨耗性能と硬さ、耐酸化性に優れています。

次にDLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティングですが、これに関しては調べれば調べるほど、よく判らなくなってきます。
とても大雑把な言い方をすると、種類・品質・特性。どれをとっても安定しません。
コーティングを請け負う様々な企業のwebで資料を拝見しましたが、なんと言ったら良いのでしょうね、『モノによる』としか云い様がない気がします。

まずDLCがどう云うモノかですが、炭素、又は炭化水素のアモルファス(非結晶)コーティングです。
言葉通り、『ダイヤモンドの様な(似た)特性を持つカーボン(炭素)』のコーティングなのですが、ダイヤモンドが炭素の結晶の一つの形であるのに対して、結晶構造を持ちませんから、それこそ文字通り『似て非なるモノ』と、まずは捉えて下さい。
工作機械、躍動部品などに対する特性としては、耐摩耗性、低摩擦係数、耐腐食性、高安定性等、非常に優れた特性を数多く持っています。

Ti系のコーティングと比較した場合、非結晶構造の為(Ti系は結晶構造)、母材に対する密着性や平滑性に優れているようです。
多くの場合、ブラック系のコーティング色ですが、JOKER DRIVERのプレミアムモデルやS-DARTSで行ったような)やDMCのブロンズのような茶褐色もできるようです。
※DMCのブロンズはカタログにはDLCコーティングと明記されています。

さて。
ここで問題になってくるのが、どう云ったDLCコーティングがダーツバレルに適しているか、又はTi系とDLCのどちらが良いのかですが。

正直な処、メリットは無いとは云いませんが、どれを施してもほとんど同じです。
先にメリットを挙げておきますが、メンテナンスの容易さが挙げられると思います。
DLCはもちろん、どちらのコーティングも裸のままの金属に比べて耐腐食性が高いので、手汗ですぐにバレルが腐食してしまうような方は、コーティングされたバレルを使用すれば、比較的長持ちさせる事が出来るかも知れません
他には、チタンもダイヤモンド(炭素)も、人体に刺激の無い素材ですので、金属アレルギーの方にも安心です。

恐らく誰もが気にしているであろう、耐久性の話は、少し横に置いておくとして、私が問題にしたいのは『手触り』です。
まず、高品質なコーティングである事が前提であれば、Ti系はタングステンと比べた場合、若干の滑らか感はありますが、極端に滑るような手触りの変化は無いと思われます。
対するDLCですが、ブラック等の濃色系は比較的TiN系や、TiAlN系に近い手触りになると思われます。
これはどちらかというと、ダイヤモンドよりもカーボンに近い特性を持つのが理由です。

問題は、虹色等の干渉色や、透明に近いコーティングのモノ。
コーティング加工メーカー複数社のWEBを確認する限りは、透明に近いDLCの方が、特性がダイヤモンド寄りになり、コーティングの硬度は上がるようですが、それと同時に摩擦係数が極端に低くなっていきます。
つまり前回の感想、ヌルヌルのツルツルの理由です。

カットの強いバレルであれば、むしろ幾分マイルドな手触りになって良いかも知れませんが、カットに頼らず投げるような形状のバレルであれば、場合によっては非常に投げにくく感じる可能性はあります。

ちらっと硬さの話がでましたが、とあるメーカーでDLCコーティングモデルの宣伝文に『ダイヤモンドに近い硬度の』と、書いていたりしますが、あんまり関係ないと言うか、意味が無いと思います。
ちなみにWEBで調べれる限りの情報では、ダイヤモンドの硬さ(ビッカース硬度)は、5,000〜10,000と、非常に幅広く、しかもオチとして『ビッカース硬度自体が、ダイヤモンドを使って測るので、ダイヤモンドにビッカース硬度は当て嵌まらない』と言う文言まで発見したり…
余談ですが、このビッカース硬度、純タングステンは、3,430。ダーツバレル用のヘビーアロイはタングステンの割合にもよりますが2600前後、Ti系のコーティングは1,000から3000前後です。DLC系は2,000前後のモノから、3,000オーバーまで幅広いですね。

で、皆さんが硬さから連想し、期待するであろう耐久性の問題を最後にお話しますが。
まず肌感覚としての耐久性。
通常のバレルの1.5倍近くは、同じ手触りで投げられると思っています。
これは、私自身がDMCのExplorerのノーマルを使い潰した後にBronzeを使用しての感想です。

ただ、剥げますよ?間違いなく。

ちょっと良く考えてくださいね?
どれだけ硬かろうが軟らかかろうが、同じ硬さのモノが当たれば、必ず削れます。
グルーピングによるコーティングの剥離は、使用者が上手ければ上手いほど、早く訪れます。

こればかりは、どうしようもない事です。
理解した上ですぐ剥げるだの何だの騒いでいるのなら良いのですが、こう言った話では、どうも根本的な原則を理解している人が少なく見えます。
尤も、理解している人は騒がないので、目立たないだけなのですが。

まぁ、何が言いたいかと言うと、物事を理解した上で道具を使えば、いらぬ事で感情的にならないで済みますよと言う事です。

ここまで長々と書いては見ましたが、現実問題として、現状コーティングモデルはプレミアム感先行で販売されていますから、材質や素材で選べる日が来ない事には、ただの落書き以外の何モノでもないですからね。


posted by note. at 23:59| 奈良 | Comment(4) | TrackBack(0) | 私的バレル観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

JAPAN LEAGUE 1st season 第3戦。

さて。

今回は、12−1で快勝しました!ヽ(´ー`)ノ

と、言いたいところではあるのですが、FREEZE501のチーム戦で私と相方あわせて5ラウンドもの間オープン出来ず…Orz
ダブルinは怖いねぇ…

今回私は3戦出場しましたが、件のFREEZEを除く2戦は、何とか勝つことが出来ました。
とりあえず、今やろうとしている事は、間違ってはいないようですし、まぁ、スタッツ的には、望むモノにはまだまだ足りないのですが、何某かが見えてきています。

気長に、気長に。
最後に行きたい場所に辿り着ければ良いのですから。


posted by note. at 02:24| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

水曜ローカルリーグ 入れ替え戦。

さて。

表題の通りの予定だった筈なのですが。
相手チームのデフォルトの為、不戦勝と、相成りました。

まぁ、それぞれ事情はありますからね、仕方ないとはいえ、拍子抜けではあります。

※2013年4月25日10:30追記。
不戦敗ではなく、不戦勝でしたね(^^;

posted by note. at 02:55| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

うれしいひとこと。

さて。

前回の顛末と前後して、私に贈られた心温まる言葉の数々。

『note.さん、今日は1100点出すまで帰れませんよ』
『よし、テキーラ賭けてメドレーしようぜ!』

奈良県で、恐らく一番有名な酔っ払いダーツプレーヤーの一人。昨年まではD-CROWN→PERFECT移行組でしたが、今年からはJAPANに転向して活躍中です。
『note.さん俺よりだいぶ年上やのに、俺さっきからタメ口や…』(この後一人で爆笑)
「アンタは最初からタメ口や!」ちなみに私は彼に対して敬語です。酔っていなければ(^^
『note.さん今年はどっち(JAPAN or PERFECT)で出るの?』
彼に勝った事が無いとは言いませんが、戦歴も実力も違うのに、何だかんだと対等に扱ってくれるのは本当にありがたい事です。
ただ、トーナメント会場で、酒の入ったコイツには、近づきたくありません(^^;

『note.さん、言い訳は要りません』
ダブルスで負けが込み始めていた時には、身体はとっくに限界だったのですが、ふと口にしてしまった「腕痛い…」に対して。
いつもお世話になっているロケーションのスタッフの男の子。JAPANのライセンス保持者ですが、仕事の兼ね合いでなかなか参戦できないのは、傍から見ていて勿体無いです。人の事は言えませんけどね。
実は息子でもおかしくないほどに歳が離れていますが、結構平気でこう言う事を口にしてくれます。
彼のそう云う物言いと、人懐っこさにはいつも助けられています。
『note.さん!いつもと今で、何が違うか見てもらえますか!?』
オマエねぇ…ぶっ壊れて、自分の事も判らなくなってる奴に聞いて役に立つと思ってるのか?
それでも聞いてきてくれるのは、嬉しいモノです。

『note.さん、早く戻ってきてくださいよ!』
最後は、いつもお世話になっているRt17の保険屋です。2010・2011と二年連続でbarnのセミファイナルまで残った猛者です。D-CROWNからJAPANに転向していますが、本業(?)が忙しく、今年は危うくライセンスを失効する所だったらしいのは内緒の話です(^^;
思えばこの人からが一番色々な言葉を頂いています。
『アレンジをいい加減覚えてください』もそうですし、『トライをしないセカンドなんかとは組みたくない』と言う言葉を頂いた事もありますね。
まぁ、その上での先日です。

で、その日の一番最後に頂いた言葉。
私が、「出来る限りやってみます」と答えた瞬間に。
『出来る限りじゃダメなんです。それだと出来なかったら辞めちゃいます。出来るまでやり切ってください』と返されました。

こう言う暑苦しい温かい言葉をくれる連中に囲まれているから、私はダーツが楽しいです。
文字通り泣きたくなるほどに(^^;

posted by note. at 01:00| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

主に足掻いています。

さて。

最近の私は、ツイッターでも呟いている通り、良い感じにぶっ壊れています。
3月下旬辺りに『ワーイ!Rt15ニモドッターヽ(´ー`)ノ』なんて、調子コイてた私は何処へやら。
ここ2週間ほどの成績的な話をすれば、Aフラにかろうじて引っかかっている程度でございます。

体調(故障)的な要因も、もちろんあります。
でも恐らくそれ以外の問題が、運よく(悪く?)重なった事の方が大きい様に感じています。
私自身が『コントロールをしている』と勘違いしていた部分が、どうやら制御し辛い不確定要素を作ってしまっていたようです。
そこに故障から来るスタンスの不安定さが重なって、今の有様と言う訳です。
まぁ、仕方ありません。故障の所為とも言えなくもないですが、単に見つかり難かったモノが、故障のおかげで拡大されての結果ですから、むしろ感謝しても良い位なのかも知れません。

『病を得る』とは良く言ったモノです。
もちろんそのおかげで色々なモノを失ったりもしますが、ダーツを含めて自分を見つめ直せる機会も貰えます。

とは言え、DARTS LIVE JAPAN LEAGUEも始まっていますし、故障との折り合いもつけてそろそろPERFECTへも参戦しなければなりません。
悠長な事は言ってられないのです。
出来るだけ早く、不確定要素を潰して、ちっとはマシにならなければいけません。

身体の方は、現在神経ブロック注射と投薬で、痛みを軽減中です。
定期的な処置が必要ではありますが、薬が効いていれば何とか投げられます。
担当医と話している限りは、ダーツのスタンスが私の患部には一番痛い体勢なのは確かなようで、そんな話をしたら『アハハ、そりゃ痛むでしょ』と良い笑顔で返されましたが、ダーツをするなとは言われませんでしたので、このまま行きます。

さて、問題のダーツの方です。
今回は自分だけの知識と経験如きではどうにもならないと思ったので、リーグのチームメイト、以前にもご登場いただいたRt17の保険屋に助言を請いました。
私が競技としてダーツを始める前からの付き合いです、文字通り私のダーツの全てを知る人です。
投げている所を少々見てもらって、2・3点指摘を受けました。
それが上述の部分です。

ここから先の不確定要素を潰していく作業は、結局私自身が何とかしなければいけない事です。
何をどうすれば良いなんて事は、誰も請け負ってくれませんし、そもそもそんな無責任な事を言い出す輩に私はダーツを見てもらう趣味はありません。

まぁそうは言っても、不惑を越えたオッサンが、徹底的にダメ出しされている様は、傍から見たらどんな風に映るんでしょうねぇ…(^^;

コチラは泣きそうになる一歩手前でしたが(^^;

ともあれ全てはこれからです。
10日ほど前からEvernoteに付けはじめた、出来ている事、やるべき事、出来ていない事のメモも、一昨日辺りから大きく内容が変わっています。
フィジカル的にもメンタル的にもブレの少ない動作を作ると決めた上で読み返してみると、必要の無い動作を付け加えようとしていたり、ダラダラと思い付いた事、同じような事について書き連ねているだけだったり。

今の自分に必要な事は冗長的にナニカを付け加えていく事ではなく、無駄なモノを削ぎ落としていく作業のようです。
写真の世界では昔から『写真は引き算』なんと事を言ったりもするのですが、私にとってはダーツもそう云うモノなのかも知れません。

結局いつもの繰り返し。
浮いては沈み、沈んで溺れかけては足掻いて息継ぎをして。
根本が下手クソなんでしょうねぇ…

それでも結構、足掻いてダーツやってる時の方が、私は楽しかったりします。
マゾい発言ですねぇ…我ながら。

posted by note. at 02:02| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

JAPAN LEAGUE 1st season 第2戦。

さて。

先日はLIVEリーグの第2戦でした。
結果としては12−3で快勝でしたが、私自身はウォーミングアップの段階で思うように全く飛ばず、試合数を減らされての参加でしたので、不完全燃焼と言うか、消化不良でございます。

ここ暫らく調子が上がらない状態が続いていますので、致し方ない事ではあるのですが、自意識と言うものは恐ろしいもので、そんな程度の事一つで、心の中が波立ちます。

このままではいけないですねぇ…
何をすれば良いかなんて、判りきってはいるのですけどね。

『一から練習』って、心身共に、本当に難しいですね。

posted by note. at 07:26| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

水曜ローカルリーグ 最終戦。

さて。

昨晩は水曜リーグの最終戦でした。
成り行き半分で参加したローカルリーグもついに最後の試合です。
最終戦は、上のディビジョンのチームとの交流戦で、結果も9−8(12−8)で惜しくも負けてしまいました。
昨日も私がもう少しちゃんと仕事をしていればと思える試合が多々ありましたので、悔やまれます。

ともあれ、今回のメンバーで集まるのはこれで最後。
勝った試合も、負けた試合もありました。
盛り上がった試合も、意気消沈してしまった試合も。
まぁ、楽しかったです。

え?入れ替え戦?

どうやらもう1戦ありそうです。

posted by note. at 14:54| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

DLC!DLC!DLC!

さて。

忘れた頃に届く便りや荷物には、ロクなモノがありません。経験上。

DLC1.jpg先般S-DARTSで行っていた、DLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティングバレルをオーダー出来るキャンペーンで、バレルを2セット、発注しておりました。
3月の末に注文していたモノですが、それが先日やっと届いた次第です。
今回入手したのは、メインバレルとして使用中の凸式ラ・マヒストラルと、迦楼羅4BAの2本。

仕上がりは非常に美しいです。パープルを基調とした干渉色に彩られたバレルはプレミアム感をそそるものです。特に凸式は見る角度で色相が変わっていくのを楽しめる仕上がり。まさにレインボー!!

ヌルヌルのツルツルですが。

私が手にした事のあるコーティングの中で、理想に近い、というか未だ超えるモノを手にした事が無いのですが、ユニコーンのゴールドのような、手に吸い付くような質感のモノにはなかなかお目にかかれないですねぇ…

まぁそもそも、DLCコーティングはダーツの世界で言われている耐久性よりも、工業製品の世界では、“非常に小さい摩擦係数”の方が特徴として大きい事を、思い知らされました。
簡単にWEBで調べるだけでも、一口にDLCコーティングと言っても様々な種類のモノがあり、一概に言えないようですが。

DLC2.jpg今でこそ色んなメーカーから、様々なカラーリングのコーティングモデルが出ていますが、ほんの少し前までは、コーティング=ゴールドという選択肢しかない時代もありました。
ただ、現在でもコーティングモデルを提供するのは限られたメーカーですし、価格もそれなりに高い事が多いので、気に入ったバレルにコーティングモデルがあればなぁ…と思ってもなかなか希望通りにはいかない事も多かったですから、こう言った試みは歓迎すべきだとは思います。

現時点での問題点としては、ダーツバレルに必要な特性のDLCコーティングをしてくれるかどうかが、消費者側からは手にしてみるまで全く判らないと言う点でしょうか。

未だこの業界が売り手市場のままだと言う事を、少し思い知らされました。


posted by note. at 05:07| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 私的バレル観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

練習・練習・地震。

さて。

今日はJapan開幕戦。明日はPERFECTの山形。関東近郊の方やフルで参戦している方々は忙しい週末だと思います。
私は5月か6月辺りに参戦できればと企んでいるのですが、グーグルカレンダーとにらめっこしても、色々障害が立ちはだかっておりますね。
日程も決まってないのに、『出張があるからそのつもりでいてくれ』って云われても、困るのよ(^^;
行きたい所があってもチケット用意できないじゃないですか。

さてさて。
最近の私は、色々な事をEvernoteに書き込むようにしています。
ここ暫らくの事だと、左腕の故障の経過だとか、練習中に気付いた事等。
今まではブログに直接や、ツイッターに記していましたが、ちょっとワンクッション置きたいと思う事もあって、こう云う形を取るようになりました。

時期が来れば、ブログにまとめる事になると思いますが、今はまだその時ではない様に思っています。

故障の方は、ダーツのスタンスを取るのが一番きつい体勢のようで、薬が切れるとてきめんに左腕に響きます。
とは言え、今ある程度身体の動きをまとめておかないとと思っているので、気にしていられないのです。
スタンスの取り方、グリップ、テイクバックからスローに至るまで、一つ一つの動作を見直しているところです。

そんな感じで昨日は夜中から明け方まで投げ続けていた訳ですが。
5時31分。関西人には耳慣れない音が、ロケーションにいた連中の携帯から一斉に鳴り響くと同時に、足元が揺れ始めました。
緊急地震速報を関西で受け取ったのは初めてでしたねぇ

いやはやびっくりしました。
ちょっと大きく揺れましたからね。

自宅に帰りながら、自室のガラクタたちの惨状を想像して、げんなりしていたのですが、意外に無事でした。
ワンコも暢気に寝ていましたので、大事は無かったようです。

まぁ、今日もこれから練習です。
とにかく何かヒントをつかめればと思うのですけどね。

posted by note. at 20:39| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

JAPAN LEAGUE 1st season 第1戦。

さて。

JAPANLEAGUEもついに始まりました。
結果は6−7で負けてしまいました。

今日は完全に私が戦犯でした…
気持ちも身体もバラバラで、どう対処して良いものやら判らないまま、何も出来ずに終わってしまいました。

今まで居残り練習していたのですが、練習でどれだけブルに入れても、大事な本番で削れないなら意味がありません。

気負いすぎだとは思います。
それで空回りしている事も判ってます。

ここ暫らくの故障やそれに対しての治療などで、身体の動き方が変わっているのですから、もう少しのんびり構えても良いのかも知れませんけどね。

でもそれでは自分で自分を許せない性分なんですよ。
試合の中で自分を楽にする方法などがある事は、私自身が良く判っているつもりなのですが、それとこれとは、矛盾している事は判っていても話が別なのです。

まぁ、ともあれ。
一からまた練習です。
もっと強くならないと。
メンタルも、フィジカルも。


posted by note. at 02:34| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

水曜ローカルリーグ 第13戦。

さて。

昨晩はリーグでした。
今回の相手はディビジョン1位の強豪ですが、前回のアウェー戦は勝利しているので、ホーム戦の今回も、良い勝負が出来ればと臨みました。

結果は14−5で快勝!私は5ゲーム参加して、4勝1敗。少しは勝利に貢献できたでしょうか。

相手チームのエース格の子は、先日PERFECTのプロテストに合格したばかりで、まだ大学生(!)と、若いのですが、仲良くしてもらっています。一回りも二回りも歳の離れた子達と、対等に接して貰える機会があるだけでも、ダーツを続ける価値があると思っています。
本当に有り難いスポーツです。

その彼について話していた時に、チームの女の子から『じゃあこれからはnote.さんのお仲間ですね』と言われたので
『何云ってるんですか、敵ですよ』と返しておきました。
彼女がキョトンとしているところにかぶせる様に
『若くて背が高くてイケメンでダーツが上手くて。あまつさえPERFECTプロだと!?敵以外の何者でもないじゃないですか!』と、力説したのが、昨夜一番の受けたネタとなりました。良かった、ドン引きされなくって(^^;

まぁ、そんなルサンチマンはゴミ箱に転がすとして、彼らのチームを見ていると、羨ましく感じる事は多いのです。
決して、若いから、ダーツが上手いからと言うことではなくってね。

お揃いのチームシャツを着て、円陣を組んで、勝っても負けてもワイワイと盛り上がれる。ナイスプレーには一際大きな歓声が上がって。
急拵えだとは言え、うちのチームにちょっと欠けている部分を、彼等に見つけてしまいます。

ダブルス・トリオス等のチーム戦はもちろん、シングルの対戦中でもなるべく声を出して応援するようにしていますが、そう言った部分って、すぐに波及はしないものですね。
来期以降、また新たにチームを作ってリーグを戦う事になりそうなのですが、出来れば勝ち負けよりも、そう言ったリーグならではの部分を育てていけるチームに出来ればと思います。
来期はどうも、私がチームをまとめる役になりそうなので。

全く正反対の話になるかも知れませんが、昨日の試合でダブルスメドレーに出ていたのですが、01を取ってからのクリケットが序盤全く飛ばずにブル勝負。
相手に20と15を持たれたままで、ブルで追い上げ続けた試合は、他の試合をしていたチームの人達も観戦してくれるほどの盛り上がりだったようです。
結果は惜しくも負けてしまいましたが、本当に楽しい試合でした。

結果はもちろん欲しいですが、『この試合を見ないで何見るんだ』と言って貰える試合が出来るのは、何にも換え難い喜びと興奮を与えてくれます。
圧倒的な強さを見せる事も必要だと思いますし、そうありたいとも思いますが、観戦者が楽しめる試合を見せてこそ、ダーツはエンターテイメントスポーツに成り得ると思っています。
そう云う試合をもっと出来ればなぁと。

今晩からはLIVEのオフィシャルリーグが私の住まう奈良エリアでも始まります。
コチラはエンジョイダーツはもちろんですが、勝ちに拘るチームの一員として、自分のダーツを何処まで出来るかが私に課せられた課題です。
今期は少々面白くなりそうなので、今からドキドキしています。

勿論ワクワクもしているんですよ?



posted by note. at 11:52| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

ヨシムラへの嘆息。

さて。

通販サイトやその他で、ご存知の方も多いと思いますが、『ヨシムラ』と言うメーカーが、新しくダーツバレルをリリースしました。
ヨシムラというメーカーをご存知の方には、私如きが今更何を語るのもおこがましいですし、ご存知無い方は、私の口から語るよりは、ご自分で調べるなり、オートバイが趣味のご友人に伺ってみて下さい。

ともあれ、あるクラスタに属している人間にとっては、盛り上がるに足るトピックなのだとは思います。
私の持論にも、『男は皆、発条と歯車が大好き』とある通り、私も一瞬体温が上がる思いでした。

でも何故でしょう。いろいろ調べてみて、今はため息を吐く事しか出来ません。

精密機械工業を主業とする会社にとって、ダーツバレルを製造する事が、さほど困難ではない事は、これを例に挙げずとも、既に証明されています。
ましてやワンオフで、チタンのボルト等を容易く作れる(コストは別として)ヨシムラであれば、誤差0.01gでバレル重量をたった3本揃えるなど造作も無い事でしょう。

ちなみに。
2013年4月8日現在ヨシムラジャパンHPにはダーツバレル発表・発売の記載はありません。
ちょっとしたステッカーやマグカップなど、ノベルティ系のグッズすら掲載されているにも拘らずです。
どうしてでしょうね。

昨今、ふと周りを見渡せば、40代前後、やもすれば50代辺りまでの懐を狙った懐古趣味なガジェットやコンテンツが溢れています。
況や機能性パーツで一世を風靡したチューニングメーカーですら、不景気と若者のバイク離れにあおられて、スクーター向けのポン付けマフラーをリリースする時代です。
※尤もヨシムラは、4輪のパーツも長く手掛けてはいますが。

カタカナで『ヨシムラ』と、白く染め抜かれた赤いステッカーに、少なからず畏敬の念を持つ世代として、一体何を考えてココへ来たのかと、問いかけずにはいられません。

ましてや、“POP”なら、なんて言ったでしょうね。

posted by note. at 23:31| 奈良 | Comment(8) | TrackBack(0) | 私的バレル観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

方向修正として。

さて。

先ほどブログランキング的なモノからの離脱が完了しました。
ブログランキングに関しては、ブログを始めた当初から登録させていただき、昨年からは何故か、長いこと1位を取らせて頂いてはいましたが、いつからかランキングを気にしながらのエントリや、逆に、云えない事が増えていく等の弊害も目立つようになってきました。

そもそも私は、先頭を走りながら皆付いてこい的なスタンスは、出来れば遠慮したい人でしたので、困惑も多かった筈なのですが、最近ちょっとおじさん勘違いし始めていたかも知れませんね。。
勘違いと言う認識が現実のモノになる前に、一抜けさせて頂きます。

ここは元々そう云うブログです。
誰に見せる為のモノでもなく、私が私の考えで何処までダーツと向き合えるかの場所の筈でした。
雑音も、ともすれば軋轢さえ気にせずに、云いたい事、書き留めるべき事を記録する場所の筈でした。

今年が多分、ダーツに競技スポーツとして向き合うには、正念場の歳だと思っています。
理由の多くは年齢的な意味で、修練度の伸びしろ的な意味で。
仕事上の立場的な意味でも我侭をいつまで言えるかは、今年ぐらいしか計算が出来ないのもありますが。

それであればなおさら、他人の顔色を伺ってのエントリなんかしている暇は無いのです。
ともあれまぁ、そんな訳です。

posted by note. at 15:40| 奈良 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私にとっては、同じ様なモノ。

さて。

最近仕事のほうが忙しい事もあったり、故障の事もあったりで、ダーツを練習に行けなかったり、ブログを更新する気力が削がれていたりしますが、まぁ、何とか生きています。

昨日からの雨や風で、すっかり桜は散ってしまったようですが、隣の家にある八重桜はやっと花をつけたところです。
それぞれがそれぞれのペースで、花開く季節です。
人だってそうですよね。
自分のペースで出来る事をやっていけば良いと思います。

話は変わって。
仕事柄、『どうやったらキレイな写真が撮れますか?』と聞かれる事が良くあります。
これまた仕事柄、私の写真なんかよりも、もっとキレイな写真を撮る人を知っているので、私なんかが語るのはおこがましいとも思うのですが。

キレイに見える写真を撮る方法は、実際はいくらでもありますし、ルール的なモノも確かにあるのですが、結局は何回もシャッターを切って写真を沢山撮るしか方法はないと思っています。

写真って、乱暴な言い方をすれば『記憶の補完作業』でしかないんですよね。そう云う意味では、メモを取るとか、日記を書くとかと同じ作業です。
どういう風景に出会ったか、どんなモノを見たか、どう感じたかを、『どういう風に記憶したいか』に置き換えて、一枚の写真にする。
それからまた、もっと印象的な(思い出しやすい)写真にするにはどうすれば良いかを考えながらシャッターを切る。
それの繰り返しで、簡単に写真は上達すると思っています。

上述の“ルール的なモノ”を知りたい人は『三分割法』等の語句で調べてみるのも面白いかもしれません。
ただ、言葉や理屈だけを先行して手に入れたとしても、恐らく見違えるような上達はしないとは思います。
理屈を知ったところで、それをちゃんと自分のモノとするための反復作業は必要ですから。
他人から垂れ流された理屈で満足して、考える事を止めてしまったら、そもそも上達なんてありえませんしね。
冒頭の言葉の『何回もシャッターを切って写真を沢山撮る』には、言葉の間に『考えて』と言う言葉がいくつも挟まっています。
そうして手に入れた経験値的なモノは、後から照らし合わせてみれば、意外とルール的なものに当てはまっている事が多かったりします。
そしてむしろ、そうやって自分で手に入れたモノの方が、他者からの縛りがない分、いらない制約がない分だけ自由ですし、忘れません。

さて。
ここまでのお話の中の『写真』と言う文言を、『ダーツ』に置き換えてみて下さい。
他の語句は適当なダーツ関連のモノに置換してみてください。
意外とちゃんと当て嵌まりませんかね。

私にとっては、写真もダーツも向き合い方は結構似通っていて、その程度の違いしかないモノなのです。


posted by note. at 14:14| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ雑考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

花散らす雨。

さて。

DSC01783.JPG週末は生憎の雨模様。
風が強いおかげで、桜の花も駆け足で散っていきますね。
来週は、日本海側への出張がありますが、どうなのでしょうかね。
今年は結構満喫したのはしましたが、もう少し見たいと思っています。

身体の方は、鎮痛剤を処方してもらっていますが、痛みが全部とれる訳でもなく。
その日の調子なのか、薬が効かなくなっているのか、痛む時にはやっぱり痛みますね。

全体的には痺れや痛む範囲は狭まっているようなので、治療の効果が全くない訳ではなさそうではありますが。

とは言え、いつものスタンスでの身体のねじり加減がどうも痛む場所と重なるようで、腕や肩の振れ具合がバラバラになっています。
かばって投げても仕方ありませんし、いっそ今の可動範囲でフォームを改造するのも手の一つだとは思いますが、どちらにせよ対症療法でしかない上に、今後の身体の状態如何によっては、無駄な回り道でしかない気もしますね。

色々考えている事も他にあるのですが、薬の副作用の所為か、ボーっとしていて考えもまとまり難いです。
雨の週末だからこそ、ゆっくり時間を使って投げたいのですけどね。


posted by note. at 14:28| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

水曜ローカルリーグ 第12戦。

さて。

昨晩は恒例、水曜リーグでした。
私は先週は故障の為にお休みさせて頂いたのですが、何とか投げる事が出来るようになっているので、今回は前回の分も含めて頑張らねばと参加いたしました。

結果は、最終戦までもつれながらも10−7で勝つことが出来てホッとしています。

私は私で、概ね自分の仕事は出来たのですが、悔やまれる敗戦もありました。
トリオスクリケットに出ていたのですが、私が意地を張らなければ、ラウンド数をちゃんと確認していれば。
勝てていたかも知れない試合を、自分の責任で落としてしまったのは、やはり猛省すべき処だったと思います。

その他は、501セパレートブル。
自分の得意ゲームと言うか、自分のフィールドのゲームですので、落とすなんてのは論外ですし、勝ちはしましたが、140・100・100と3ラウンドまで調子よく削っておきながら、そこからグダりだすとかね。
詰めの甘さと言うか、調子を1ゲーム維持できないのは本当にもうね。

ともあれ長かったリーグも、あと2戦でシーズン終了のようです。
来期の話等もちらほら聞こえてきますが、急造チームですので来期の事はほぼ白紙の状態です。
残りを悔いなく楽しめればとは思います。


posted by note. at 06:52| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

投げる為の対策と現状確認。

さて。

故障の治療がのんびりだからと言って、コチラものんびりしていたら置いて行かれるどころか足蹴にされてしまいかねません。
そうでなくとも、練習した事をすぐに忘れてしまう人なので、とにかく投げないと。

とは言え、痛みに耐えながら投げても良い事はないので、おじさん少し考えました。

Q:何をどうすれば痛むのか。
A:身体を捻ると痛みます。
Q:何故捻ると痛むのか。
A:筋肉や靱帯に引っ張られて神経が刺激されるからだと思います。

その上、腕の自重で地面側に引っ張られるだけでも痛む事があるので、始末に負えません。
どうしたものかと考えながら、取引先近郊のイオンモールをウロウロしていたのですが。

以前から試してみたかった、コンプレッションウェアに辿り着きました。
以前このブログでもアームカバーを取り上げた事がありますが、今回はそれのトップスを試してみる事にしました。
アレは外側から筋肉などを支える効果もありますので、もしかしたら、余計な動きをして神経を刺激している筋肉をうまく押さえ込んでくれるかも知れないと思ったので。

いずれまた詳細は上げるとして、結論だけ。
ビンゴでした。

おかげで今日は快適に投げ込む事が出来ました!
スポーツウェアの機能性は侮れませんね。
着るだけで求めるパフォーマンスを引き出してくれるモノが本当に多くなりました。

実際プロトーナメントに限らず、日頃から着用しているプレーヤーも多いので、ダーツにとっても有用なものだと思っています。
ダーツではアームカバーが目立ちがちですが、それ以外の部位に着用するものの方がメリットが大きいように感じますので、今度また色々調べて見ますね。

で、肝心のダーツですが、やりたい事、やるべき事が出来ている部分、出来ていない部分それぞれ目立つ状態です。
例えばクリケット。
今の私であれば、MPRが4.2辺りなのですが、今日のスタッツはと言えば、7.5・3.5・5・3.5・6・3.5・3.5と言った具合で、帳尻は合うのですが、スタッツ通りに飛んでくれませんでした。
帳尻が合えば良いと言えばそうなのですが、ばらつきが多いのはやはり問題だと思ったほうが良いでしょうね。

01の方は、うまくいつものスタッツからちょっと上辺りでまとめる事が出来ていたので、まぁ余り気にはしていませんが。

およそ一週間サボりましたので、まずは遅れている分を取り戻すと言うか、身体と相談しながら、現状手にしているモノで何が出来るかを確認しながら、行ける処まで行きたいと思います。

今月からLIVEのOFFICIALリーグも始まりますし、来月辺りからはツアートーナメントもまた参戦したいですしね。

痛みに唸ってばかりはいられません。


posted by note. at 04:23| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

経年劣化。

さて。

ぶっ壊れたままの私の左腕ですが。
レントゲンやMRIを撮って色々グダグダした結果を総合すると、頚椎の椎間板ヘルニアによる、末端神経障害という事になるようです。

何が原因と云うよりは、単純に経年劣化と云った方が良さそうに、整形外科医は言うのですが、まぁ私もそんな処だと思います。

医者に言わせれば、手術が必要なほどの重篤なモノではないようで、薬で痛みと炎症を抑えながら、ゆっくり治していく他は無いようです。
週に2・3回通院して点滴を処方するように提案された時には、『(サボり常習)社会人になんて事提案して来るんだ』と思いましたが(^^;

こう言った類のものは、外科手術で切った貼ったをしてしまう方が、早いことも多いのですが、身体にメスを入れる。ましてや神経の事となると不安もあったので、少し拍子抜けしましたが、投薬治療となると、それはそれでそれは長く掛かると言われているのと同じなので、少々げんなり感が増します。

当面は、整形外科と接骨院に通う事になりそうです。
幸い、今頂いている薬は、多少なりとも痛みには効いているので、無理ない程度にダーツは出来そうなので、とりあえず練習を再開しますが、指先や肘の痺れ(これが神経障害の結果部分)は取れていないので、無理も出来ない状況は、長く続きそうです。

痛みや痺れを庇いながら練習して、変な癖が身体に付くのもイヤなのですけれどね。

まぁ、こうなってしまった以上、腹をくくって出来る事をしていくほかは無いのです。
出来る事を出来る範囲で、出来るだけやっていきます。

そんな訳で、私note.は、首が弱点です。
もし道で出会っても、延髄切りなどされぬよう、お願いいたします(^^


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 07:40| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

桜、サクラ、さくら。

さて。

4月です。
ホンの一日の違いではあるのですが、4月と聞くとコチラの気分まで春爛漫になるようで、不思議なモノです。
DSC01714.JPG
週末は、どうもハウストーナメントに誘われていたようなのですが、こんな状態なのでお断りしたのですが、mixiやfbで見る限り、どうも常々行きたいと思っていたロケーションだったので、残念な気分でした。

今日の午後には、大体の事が判ると思いますが、神経系はどちらにせよ長くかかると思うので、焦らずゆっくり治していくしかないのですが。

週末に限らず、最近は夜中にダーツで出歩かない事もあり、早寝早起きが習慣になりつつあります。
おかげでしっかりとお花見が出来ました。
DSC01567.JPGDSC01566.JPG
土曜の早朝は、空気の澄んだとっても良い天気でしたので、カメラを片手に近所を散歩してました。
古い住宅地の上に、学校や役場などの公共施設が近い事もあって、宴会でもしない限りは花見スポットに苦労しない処に住んでおります。

DSC01697.JPG満開の桜をゆっくりと愛でながら歩くなんて、もしかすると何年振りかの事だったかも知れません。
特にここ数年は、仕事の道すがらそこかしこの薄紅色をした塊を横目に見ながら走り回ってはいますが、なかなか立ち止まって見上げる事はしにくくなっていましたからねぇ。

やっぱり歩く速度で風景を見るのは、大切な事かも知れませんね。

DSC01685.JPG
ともあれ、新しい一ヶ月が始まります。
仕事にせよ、プライベートにせよ、バタバタと忙しい月になりそうですが、桜を見ながらゆっくり歩くような、そんな気持ちは失くさないようにしたいものです。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 07:14| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。