2013年03月25日

小さな怪鳥。BASARA:迦楼羅4BA

さて。

karura_1.jpg3月ももうすぐ終わり、そこかしこでは桜の便りも届き始めましたね。
東京近郊はもう満開だとか。
ともあれ、春です。
4月を前に、早くも3本目のバレルです。
個人的にも、ちょっとペースが速いような気がしています(^^;

BASARA 迦楼羅4BA
Length:34.0mm MaxDia:7.4mm 16.5g

メーカー説明文引用
2フィンガーグリップのプレイヤーや、バレル後部をグリップするプレイヤーの為に設計されたショートバレル。
7.4mmの太さを感じさせない手離れの良さと、
ターゲットへの方向を感覚的にアシストする縦カットを採用。
4BAタイプ独特のキレのある飛びが体験できる。

以前紹介した雅4BAと同時に発売された、M3規格のチップを使用するバレルです。雅が2BAからのリファインモデルなのに対して、コチラは4BAシリーズオリジナルの形状となっています。

karura_2.jpgシルエットは見ての通りの、オーソドックスなトルピード。
ASTRA/888のJonnyシリーズのフォロワーと言って良い形状です。
全長は34mmとありますが、2BAのバレルを使っていた人であれば32mmほどの非常に短いバレルに感じられると思います。
バレル中ほどから刻まれる彫り幅の狭いウイングカットは、自己主張の強いカットが主流になっている最近のトレンドを鑑みれば、ある意味新鮮です。尤も、薄く刻まれた5本の縦カットは、コレもまた今風のバレルである事を主張しているのですが。

バランスは、シルエットから想像できる通りの前重心。バレル後端からの穿孔が22mmと非常に深く、恐らくバレル先端のM3ネジ圧入基部がしっかりとした質量のコアになっていると思われます。
セッティング状態では、前から2本目のカット辺りに重心が来ますが、バレル後端をグリップする人には、やはり明確な前重心のバレルと映ると思います。
※これは個人的な感覚ですが、バレルバランス、特に投げ味に関しては、重心位置は勿論ですが、コアの位置・質量も重要なファクターとなっている気がします。

幅の狭いウイングカットから伝わるインフォメーションは、複合カット等の掛かりの強いカットに慣れた指には、頼りなく感じられるかも知れませんが、結構しっかりと仕事をしてくれています。
バレルの最後端にある、一段削り込まれたカットのおかげで、バレルとシャフトの接合部が明確に感じられ、、グリップ位置に迷う事も少ないと思います。

投げてみた感想としては、やはり前重心のショートバレルは楽に飛んでくれますね。
私は3フィンガーグリップなので、長さ的にはぎりぎりの数字ですが、バレル自体が前へ向かってくれる力が強いおかげで、短いバレル特有の狙い辛さも余り感じませんでした。

抜けの良いカットのおかげで、腕の振りだけで飛んで行ってくれるように感じがちですが、バレル後端をグリップする人は、テイクバック時にバレル先端がお辞儀をしないように、リリース時に押し込み過ぎないように注意した方が良いかも知れません。
押し込みすぎる=持ちすぎる。結果、ターゲット手前でドロップとなりかねませんので、小石を放り投げるような感覚で、放物線を意識してリリースしてやる方が、楽に飛んでくれます。
控えめな自己主張のカットでもありますので、抜いて投げるスイング要素の強いタイプのスローに適しているかも知れません。

対応するセッティングの幅は広そうですが、イメージしやすい放物線を作るには、シェイプなどの大きめのフライトが合っている様に感じました。
参考までに私のセッティングでは、Fitの4番(インビトL)に、ロケットフライトです。コンドルのスタンダードMサイズでも試しましたが、スタンダードはさすがに大きすぎたように感じました。

バレルの名前、『迦楼羅』は、仏教の天龍八部衆が一柱。仏法の守護神です。
私の住まう奈良では、興福寺や正倉院と言った場所に、仏像だの雅楽面だのがあったりしますので、比較的馴染みのある名前だったりします。
その大元はと言えばインド神話に登場する神鳥『ガルーダ』だそうです。
何せちっこいバレルなので、大空を悠々と羽ばたくとまではしてやれませんが、少なくとも目の前の2.44mの間は、小気味良く飛んでくれるバレルです。


クリックして頂けると、また明日も頑張れます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

posted by note. at 05:23| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | Barrels. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。