2013年04月03日

投げる為の対策と現状確認。

さて。

故障の治療がのんびりだからと言って、コチラものんびりしていたら置いて行かれるどころか足蹴にされてしまいかねません。
そうでなくとも、練習した事をすぐに忘れてしまう人なので、とにかく投げないと。

とは言え、痛みに耐えながら投げても良い事はないので、おじさん少し考えました。

Q:何をどうすれば痛むのか。
A:身体を捻ると痛みます。
Q:何故捻ると痛むのか。
A:筋肉や靱帯に引っ張られて神経が刺激されるからだと思います。

その上、腕の自重で地面側に引っ張られるだけでも痛む事があるので、始末に負えません。
どうしたものかと考えながら、取引先近郊のイオンモールをウロウロしていたのですが。

以前から試してみたかった、コンプレッションウェアに辿り着きました。
以前このブログでもアームカバーを取り上げた事がありますが、今回はそれのトップスを試してみる事にしました。
アレは外側から筋肉などを支える効果もありますので、もしかしたら、余計な動きをして神経を刺激している筋肉をうまく押さえ込んでくれるかも知れないと思ったので。

いずれまた詳細は上げるとして、結論だけ。
ビンゴでした。

おかげで今日は快適に投げ込む事が出来ました!
スポーツウェアの機能性は侮れませんね。
着るだけで求めるパフォーマンスを引き出してくれるモノが本当に多くなりました。

実際プロトーナメントに限らず、日頃から着用しているプレーヤーも多いので、ダーツにとっても有用なものだと思っています。
ダーツではアームカバーが目立ちがちですが、それ以外の部位に着用するものの方がメリットが大きいように感じますので、今度また色々調べて見ますね。

で、肝心のダーツですが、やりたい事、やるべき事が出来ている部分、出来ていない部分それぞれ目立つ状態です。
例えばクリケット。
今の私であれば、MPRが4.2辺りなのですが、今日のスタッツはと言えば、7.5・3.5・5・3.5・6・3.5・3.5と言った具合で、帳尻は合うのですが、スタッツ通りに飛んでくれませんでした。
帳尻が合えば良いと言えばそうなのですが、ばらつきが多いのはやはり問題だと思ったほうが良いでしょうね。

01の方は、うまくいつものスタッツからちょっと上辺りでまとめる事が出来ていたので、まぁ余り気にはしていませんが。

およそ一週間サボりましたので、まずは遅れている分を取り戻すと言うか、身体と相談しながら、現状手にしているモノで何が出来るかを確認しながら、行ける処まで行きたいと思います。

今月からLIVEのOFFICIALリーグも始まりますし、来月辺りからはツアートーナメントもまた参戦したいですしね。

痛みに唸ってばかりはいられません。


posted by note. at 04:23| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
note.さんこんにちは〜!
コンプレッションウェア・・って、あの指が無い手袋みたいなやつですかね??

とにかく痛みがないってことなので
良かったです!!

YUKIもアームカバー含め、探してみたことはあったのですが、
手もちいさいせいか、
あんまりぴったりのものがなくて・・・笑

でも無理はなさらず、治療に専念してくださいね。。。

あ、それから、以前のエントリですが
カメラ講座、楽しかったです!
とってもためになりました♪
また機会があればそちらのカテゴリも楽しみにしています♪
Posted by YUKI at 2013年04月03日 12:53
YUKI様

コンプレッションウェアは結構いろいろなものがありますね。
その指のない手袋などもそうですが、ボディスーツ、と言うかタイツのようなもの等の方が、着用してすぐに効果的なものを実感できるかもしれません。

身体の方は、今の処は騙し騙しと言った感じなので、まぁのんびりやっていきます。

お気遣いありがとうございます。

カメラ講座、『楽しかった』と言って頂けるのは何よりです(^^

ご好評だったようなので、また何か企画しておきますね(^^
Posted by note. at 2013年04月04日 11:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック