2013年05月31日

水曜ローカルリーグ 第3戦。

さて。

先日行われた水曜リーグですが。
結果は5-14で負けてしまいました。
序盤は競っていたのですけどねぇ…中盤から後半にかけてポイントを稼げなかったのが痛かったですね。

それでも為す術も無くry…と言ったような試合は少なかったように思いますので、それがせめてもの救いでしょうか。

私はと云えば、今週ほとんど投げていなかった事もあり、問題の中盤でゲームの連敗を止められなかった事、ダブルスでファーストの任を預かっているにも拘らず、セカンドに気楽にラウンドを渡せなかった事など、反省すべき点が多い試合でした。

最後のダブルスメドレーでは、私もやっとアップが完了したのかそこそこ撃つ事が出来ましたし、相方の子に楽にラウンドを渡せましたので、2-1でゲームを取ることができました(しかも相方さんにフィニッシュを決めてもらいました)から、やはりそう言った処が私の課題なのでしょう。

それにしても…
チームの運営って、難しいですね。
チームやチームワークと言うモノは、目に見えない曖昧なモノだからこそ、自然と形作られていくモノではなく、恐らくは意識して作っていくものだと思うのですが、なかなかどうしてそれが一番難しい。
下手をすれば今のチームで、全勝するよりも難しいんじゃないだろうかと思うほどです。

多分皆それぞれ思う所があるように、私にも私なりに思い描くチーム像があります。
例えば。

ちゃんと意識して、声を出してチームメイトを応援して欲しい。
以前これを直接指摘した子には、『気が散るといけないと思うから』とか『集中できなくなるから』などと反論を貰いましたが。

嘘つけ。
何なら後にチームメイトがいるにも拘らず、シーンとした状況でやってみるかい?
HAT出そうがT180決めようが何のリアクションもなしで。
そっちの方がよっぽどメンタルに来ると思うけどね?
声援がうるさいと感じるのは、むしろ集中出来ていない証拠です。
本当に集中していたら、聞こえていても何も感じません。

そう云う事ではなくって。
応援と言うモノは、ゲームを戦っている人に対してだけではなくって、その後に戦うであろう自分自身の為だと言う事に、思い至って欲しいのですけれどね。
仲間のダーツに一喜一憂して、勝てば自分の後に続こうと心に決めて、負ければ取り返すぞと奮起する為に応援すると思うんですが、違うのかな?
スマホでLINEいじってる場合じゃないと思うんだよ、オジサンは。

尤も、そう言った事を身をもって示せない自分(特にダーツで)が、歯がゆくて悔しいのですが。
愚痴るだけでは、『最近の若いモンは…』と酒飲んで管巻いているのとなんら変わりないですからね…

世の中はままならない事で満ち溢れていますね、相変わらず。

posted by note. at 02:48| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ダーツリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
のってぃーさん!
実はみてます、りさです( ´ ▽ ` )ノ

チームの話、私もそう思います。
ちょっと間ならともかく
ずーーーっとスマホイジイジで
適当な声かけしてるの見たら
自分が投げとるときも
そんなんなんやろなー。
って思っちゃう。

まー、色々ですね(;_;)

あ、でも。
チームの人と間違えて
違うチーム応援しちゃう私が
1番苛立たれてたりして。笑

また遊びにきまーす!
Posted by りさ at 2013年06月04日 20:39
りさ様

アラヤダ見られてた!w

まぁ、少しずつ形作っていければと思ってやっていますので、気長に見守るとします。

チームの面子を間違えちゃうのは、アミーゴのチームが多すぎるから仕方ないのかもねぇ(^^;
りさちゃんらしいと言えば、りさちゃんらしいですがw

『このオッサン何言ってんだ?』的なエントリだらけですが、いつでも遊びにいらしてくださいませ(^^
Posted by note. at 2013年06月05日 01:20
note.さんこんにちは!
お体が万全じゃない中、リーグ戦おつかれさまです。たまにはご自分を褒めてあげてくださいね(>_<)

チームワークって難しいですよね〜・・・
学生生活の部活ならともかく、
いろんな年代の社会人が集まってるわけなので
価値観も人それぞれだし、その差が大きいと思うので、気持ちをひとつにって難しいと思います。
でも、類友・・じゃないですが、ダーツに対する姿勢が同じような人たちが自然と残っていって、いいチームができていくんじゃないかと思います。
信念を曲げずに発信していれば、自然とそういう人たちで形成、また、そういう人たちに変わっていってくれる、と思います。
私もキャプテンを2期連続やってて、いろいろ思うところがあります。
YUKIと同レベルにしたら失礼かもしれませんが、お互いがんばりましょうね!
Posted by YUKI at 2013年06月05日 09:48
YUKI様

いやはや全く、YUKIさんの仰るとおりです。
20代前半から40オーバーの私の様なおっさんまで一つのチームにいるとなかなか一つにまとまるのは難しいものですねぇ(^^;

私はダーツを始めてから、下手をしたら年下の人たちが多いかもしれないですが先輩達の背中を見てやってきましたので、同じ様に背中を見せて引っ張っていければと思うときもあるのですが、元々ああしろこうしろと言わない性分と、今の自分のレベルの低さでもどかしい時があります。

でも、少し空気も変わりつつあるように感じてもいますので、気負わずにのんびりとやっていこうと思っています。

タイミングも良いですから、自分自身が変わっていく姿も見せていければとも。

失礼だなんてとんでもないのです。
YUKIさんの頑張りも、私の励みになります。
レベルなんて関係ない。
どんな立ち位置でも、どう向き合っているかが大切なんです。

いつもありがとうございます。
Posted by note. at 2013年06月05日 18:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。