2013年08月15日

黙祷はしない。

さて。

どちらに傾いているかは知らないけれど、どんな政治信条があるにせよ。
何処に向かうかは知った事ではないけれど、どんな主義主張があるにせよ。

その、とてもとても下らない事を殊更に喧伝できるのは、今の世の中が、内実はどうあれ平和だからだ。

そしてそれは、幾千、幾万もの死体の上に成り立ったモノだ。
私達は皆、幾重にも積み重なった骨と死肉の上で、下らない踊りを踊り続けている。

そしてそれは、いつか我が身にも訪れるのだ。
その時に、私達は自分達が主張する信条に利用した命に対して胸を張れるのか。

私が彼の日の喧騒を見て思うのは、それだけだ。

WAR IS OVER! (If You Want It)
WAR IS NOT OVER. (Even if you want it)
Love & Peace.2013.8.15
posted by note. at 19:06| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック