2012年12月21日

冬至。

さて。

ゆず湯に浸かって温まらなければ。
かぼちゃは苦手ですが。

先日の個人戦。
リーグでのスタッツを元に複数グレードに分かれて行われたのですが、私はリーグで飛ばない人なので、上から二つ目のグレードでした。
結果としては、5人中3位と言う、とてもとても平凡な結果。ブルが合わないと、何やっても駄目ですね。
ウォーミングアップ中にブラックが出る日は、ろくな結果にならないと言うジンクスは、健在でした(^^;

上のグレードのチームメイト達の顔を見に行くと、既に結果は知られていて、私の顔を見ての開口一番が
『おいこらプロ』
まぁ、結果は結果。言い訳は止しましょう…(^^;

そんなやり取りの後に、カウントアップ10ゲーム。
Best:1064
Worst:808
Avg:892.50

ちなみに一昨昨日のC-up10ゲーム。
Best:1045
Worst:795
Avg:900.10

コンスタントに1000点オーバーが出るようになったのは良いのですが、1100点トライの8Rでちびるのはどうかと思います。
ともあれ、きっと調子は悪くないのです。ウォーミングアップ方法を変えてから、楽に狙えるようになっている様に感じます。
後は気持ちの問題だけなのかも知れませんね。

posted by note. at 15:22| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

背中が痛い…

さて。

左手は治療中ではありますが、そんなに劇的に快方へ向かうはずも無く。
まぁ、のんびりと構えるしかありません。

とか言ってるそばから、今度は背中に痛みが…
元々肩こりの人ではありますが、はたまた寝違えたか。

あぁもうヤダこのポンコツボディ…Orz
拠る年波か、元来の運動不足のツケを支払わされているのか…

とりあえず、先ほど寒い寒い湖北エリアから帰還したので、風呂に入って身体をほぐして。
ダーツしに行ってきます。

今日は個人戦。
気楽に撃てれば良いですが。

posted by note. at 18:30| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

整形外科医への絶望。

さて。

左手、と言うか、左腕がいよいよ壊れてきましたので、色々観念して整形外科医に見てもらってきました。
結論から先に言うと、尺骨神経障害との事でした。
まぁ、コレは大体自分自身での見立て通りです。
※尺骨神経がどういう処でどんな仕事をしているかは、ASUKAのブログ辺りでご確認いただくと判りやすいです。って言うか、非常に参考になるエントリが満載なので、お勧めです。

湿布薬と、末端神経障害への薬(ビタミンB12だそうです)を処方してもらって、一ヶ月ほど様子を見ようとの事なのですが、この医師に最後まで見てもらう気にはなれませんでした。

信用できないと言うか、安心できないと言うか。

恐らくダーツが原因だとは思うのです。
ただ、他の要因も考えられるのは当然ですし、医師に『ダーツ?ピンとこないなぁ』と言われてもそれは仕方ないでしょう。やった事も無ければ、どんな動きをするかも判らない運動では、ピンと来るはずもありません。

ですから、『そんなに(筋肉が)緊張するものなの?』と聞かれても、まぁ良いでしょう。
大した事は無いと言う前提で、『様子を見て痛みが引かないようなら検査しましょう』と、本末転倒な事を言われても、どうかと思いますが一旦は飲み込みましょう。大人ですし。
ただ、『利き手は右ですよね?左ならほとんど支障は無いでしょ?』と言われて、ここは駄目だと感じました。

スポーツをするしないに関わらず、右手を自由に動かすために、左手がどれほどの作業をしているのかが想像できない整形外科医には、診て貰ってもそれこそ意味が見つかりそうにありません。

はぁ…医者はどこだ…

posted by note. at 04:52| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

教えない理由。

さて。

若い子達が多くたむろするロケーションに通うようになると、自然と懐かれる様になっています。
もう良い歳なので、余りギラギラしたオーラを出していないからだと思っています。
まぁ、まとわり付いてくる男女比は、勿論の様に男が多いのですけどね(^^;

恐らくもう一つの要因は、私がダーツを『教えない』からだと思っています。
勿論対戦を挑まれる事は多いですが、彼等と同じレベルでキャッキャやってる方が多いです。
対戦後にはアドバイスを伝えることはありますが、多くの場合は、彼等がやろうとしている事の確認作業です。
失投等の原因は、勿論技術面も多く関わってきますが、何を考えての結果かの方が興味があるからなのかも知れませんが。

ある程度のレベルより上でダーツを楽しんでいるプレーヤーであれば、自分自身で色々考えているモノだと思っています。それをこちら側の理屈や理論で矯正しても意味はないと思いますし、何よりもそう云う事は『自分で考えて辿り着くモノ』だと、自分で思っていますので。

まぁ、こんな事を言ってますが、本当は教える事に関して、若干の恐怖があります。
『どうしたら上手くなりますか?』と、聞かれる事が一番怖いですね。
コレはダーツに限った話ではありませんが。
仕事絡みでもコレが一番怖い質問ですね。

posted by note. at 15:48| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

自縄自縛。

さて。

まずはカウントアップ11ゲーム。
Best:965
Worst:708
Avg:772.09

今日は600点台が無かったぞ!と言いたい処ですが、1000点はおろか、平均800すらキープできなかった自分に絶望中です。

駄目ですねぇ…技術面は勿論なのですが、意識の部分でいろんな事が制御できていません。
自分で自分の身体を動けなくしているような感じです。

ソレは回りの環境にいちいち反応する自分だったり。
過去の自分の言葉だったり。
スタッツとにらめっこしながら撃っている自分だったり。
HATが出ずにTONでまとめられた事にホッとしている自分だったり。

下らない事で自分を縛る縄よりも、もっと楽しむ為の翼が欲しいです。
翼を授ける…Red Bullか…
あれ、オロナミンCと何が違うのかって思いますけどね。

posted by note. at 03:19| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

師走徒然。

さて。

先日の成績から。
カウントアップを黙々と16ゲーム。
最高点は1012点、最低点は545点。平均786.56点。
平均スタッツは98.32/PPR
今の自分であれば、こんなモノとも言えるし。
1000点出たからまぁ良いやとも言えるし。
500点台とか何考えてんだよ死ねよとも言える。
ダメ出しと、良かった探しで色々忙しい。

とあるロケーションでの一コマ。
常連の女の子。教えるのはかまいませんよ?勿論。
でもね?ソコで彼氏さんが不機嫌になってるのは、私ではどうすることも出来ないので何とかしてください。
決してモテたいと思わない訳ではないですが、巻き込まれ事故だけは勘弁です。
こっちもこっちで、古い友人の視線が最近怖い。

ブログ巡回中。
何故か複数サイトで『プロ』の文字が踊っていたので覗いてみる。
どちらの言いたい事も、まぁ判るけど。
話は変わってこんなネタを。
日本プロゴルフ協会の会員数(プロ資格保持者)は5000人を超えるそうです。
さて、何人、ゴルフだけで食えているでしょうね?
そもそも皆さんは、何人プロゴルファーをご存知でしょうか?
ダーツの世界に戻りますが、恐らく競技ライセンス保持者は2000人足らずでしょう。
さて、以下略。
そもそも以下略。
もうひとつ話は変わって、貴方(=私)が今している仕事の話。
その業界で、貴方(=私)は胸を張って対価を稼いでいるでしょうか?
その業界で何人の人間が胸を張って飯を食っている?
そもそも厳密に言えば、会社に勤めていたって一つの仕事だけで飯が食えている訳じゃないでしょう。
そんな事が出来ている人間は、どんな世界でも羨望のプロフェッショナルだ。
そしてそんな奴はほとんどいない。どんな世界でも。

どんな世界も大して変わらんよ。
立っている場所で何を見るかで、世の中は理不尽なほど景色が変わる。

さて、何を見よう。

posted by note. at 04:40| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

冬の暖機運転。

さて。

キャッチが安いと、自分が安く値踏みされているようで凹みます。
キャッチのデフレスパイラルに、何か方策はありますでしょうか?
何?“3本ともブルに入れれば問題ない”?ソレが出来ればk(ry

まぁ何にせよ、こう寒いと身体が縮こまるというか、身体を動かす事すら億劫に感じます。
そんな状態で無理に動かしたりすると、40過ぎの身体はすぐに致命的な故障とかを起こしかねないので、この季節はいつもおっかなびっくりとウォーミングアップを心掛けます。

最近はもう、ロケーションに向かう前に風呂に入るようにしています。
気分的にはここから既にアップが始まっている感じですね。
湯船の中で肩から手首に掛けてを入念にマッサージして、湯冷めしないうちに着替えます。
この時点で、アームカバーは既に着けています。暖かい季節であれば、ロケーションに着いてからだったのですが、少しでも腕を暖めておきたいので。あと最近は、両腕共着ける様にしています。
元々両腕セットで販売しているメーカーは、両腕共装着するのを推奨していますし、私個人の事情としては、いよいよ左腕が壊れてきていますので、これ以上壊さない為です。良い整形外科が近郊に無いのが最近の悩みですよ全く…

ロケーションに到着したら、まずは入念にストレッチ。
両腕、手首、両足。加えて体幹トレーニング系の運動を少ししておくと、下半身の収まりが良くなる気がします。

ここまでしてようやくボードに向かいますが、今までなら最初から1501でブルを狙う処を、最近は20Tを狙って2・3ゲームほどこなしています。
20Tを練習する為と言うよりも、まずは腕を楽に振れるようにする為という感じですね。
ですから、入らなくても余り気にしません。とにかく腕が軽く感じるまでは力まないことを優先します。
まぁそれでも、20ラウンドあるなら、ちゃんと上がらないととは思いますけどね。

そうやって、ある程度身体が温まったら、1501をブル狙いで数ラウンド、カウントアップ、ハーフイット辺りをこなして、やっと臨戦態勢です。

まぁ、ここまでやったからと言って、その日の調子がどうかはまた別の話ではあるのですが。

posted by note. at 02:43| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

情報、知識、その後先。

さて。

ここ数日の内に、私の住む地域では一気に冷え込んで、やたらと寒い日々が続いております。
雪も先日ちらつきましたしねぇ…
でも自室内では裸足の人です。靴下ってなんかゴワゴワして嫌なのです。
スリッパなんて以ての外で、おかげで冷え切った台所で裸足で震えながら家事をしていると、家人から『見ていて寒いからすぐ止めろ』と、クレームが入ります。確かに寒いです。

処で私、ダーツプレーヤーの顔と名前が一致している方が、非常に少ないです。
勿論、超有名どころは話が別ですが、バレルメーカーの契約プレーヤーの一寸名の知れている人達は、全くといって良いほど知りません。
基本的にプレーヤー関係のブログなどをWEBで閲覧もしませんし、先日のエントリでチラッと書きましたが、ダーツ関連の雑誌にも興味が無いので、まぁ仕方ないとは思っています。
トーナメントプレーヤーのブログで定期的にお邪魔してるって、多分ながのさんのところ位じゃないかなぁ…

仕事関係でもそう云う傾向は、昔からあって、写真が趣味だった頃から、写真家やカメラマンとかに余り興味が無く、仕事仲間や同好の集まりで話題に付いていけない事はしょっちゅうでした。

情報の蓄積と言う面では、問題が多いのは承知していますが、悪い事ばかりではないんですよ?
トーナメントでそこそこのプレーヤーに当たっても、知らなければプレッシャーも何もありませんし。実際そう云うプレーヤーと当たって、勝った後に相方から聞かされて『ふーん』で済ませた事もあったりします。

情報と言うのは良くも悪くも厄介なモノですから、手当たり次第拾えば良いと云うモノではないと思っています。
情報を、知識と言い換えても良いかも知れませんね。

私自身は、『必要な知識は、必要になった時にしか身につかない』と思っています。
もう一つは、『必要な知識は、自分が必要と感じたら、向こうからやってくる』とも。

ダーツでもそう云う事は往々にしてあると思います。
例えばダーツを始めたばかりの人がクリケットをすると、負けていてもエリアを閉める事しか考えが及ばない事がありますが、それは、そう云うゲームだとしか知識として知らないから。私自身もそうでしたね。
『勝つにはどうすれば良いか』と云う欲求が生まれた時に、初めて次にやるべき事を知る訳です。

今の私にとっては、01のアレンジがそう云うモノになり始めているかも知れません。
そもそも01、特にソフトダーツでの01は、プロトーナメントででも戦わない限り、ブルで削っていけば何とかなるようになっています。現実的な話であれば、リーグ等の一部で、マスターアウトやダブルアウトがあるだけです。アレンジのガイドも出ますし、ソフトダーツを楽しむだけであれば、アレンジという考え方は必要ないかも知れません。
上がりも、ブル(50)上がりにまとめておけば大体は3本で何とかなりますから、単純な引き算でどうとでもなります。かなり乱暴な事を言ってるとは思います。が、現実問題として。

まぁそんな事を言っていても、コレが自身に要求される事がセパレートブル&ダブルアウトになれば話が変わってくるのです。私がイマココですね。
当初はちっとばかり慌てました。チームメイトから『note.さんはそろそろアレンジを覚えて下さい』と言われていた事もあって、漠然と考えはしていましたが、どうやって覚えれば良いかなんてさっぱりでした。
他人に聞いても『考えてれば身体で勝手に覚えるよ』としか言ってもらえませんでした。
でも結局、ソレが必要だと自覚してプレーしていれば、自然と身に付いていくもので、基本算数が苦手な人ですが、何とかなる処まではきましたね。しょっちゅうたまに計算間違いもしますが。

あらかじめ情報を集めた上で、対策を練る人もいるとは思います。それが悪いという権利は私にはありませんし、ソレも正しいのでしょう。逆に、頭を使うのが苦手なので、その方法が使えないとも言います(^^;

ただ私にとっては、求めるに応じて目の前に顕われてくれた情報=知識の方がはるかに大切だと感じる事が多いのです。

そう言ったモノ達の蓄積が、経験という財産になってくれています。


posted by note. at 19:54| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

何を考えているかを考える。

さて。

忘年会シーズンです。
日常の移動が車なので、滅多に電車に乗らない人ですが、今日は久しぶりに地下鉄に乗りました。
ふと見上げた中吊り広告にスポーツ雑誌「Number」の広告が。
今回の特集は、『心が震える99の言葉。』だそうです。

普段私は雑誌を全く読みませんが、コレはちょっと興味を惹かれますね。

名言で感動を反芻したいとか、そう云う事ではなく、頂点に立つレベルのアスリート達が何を考えてそう云った発言をするのかに興味があります。
どういうメンタル構造から、名言が生まれるのか。

何をどういう風にしたら、圧倒的なパフォーマンスが出来るかを考えて外側を真似るのもアリなのかも知れませんが、パフォーマンスの裏側に、どういう思考が潜んでいるのかの方が気になる人なので。

ダーツの方を振り返れば、ソフトダーツバイブルではメンタルトレーニングを特集しているようですね。
何故かコチラには興味を惹かれない処が、私らしいといえば私らしいのですが。

Numberは基本的にグラフ誌で写真が多くて、ソフトダーツバイブルは情報誌。
そこら辺の差でしょうかねぇ

オネーサンの写真は圧倒的にSDBの方が多いでしょうけれど。

posted by note. at 04:07| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

ビット単位の修正は、可能か不可能か。

さて。

先日のエントリのように、自分の子供でもおかしくないような年頃の子達と対戦してもらって若さを補給している人です。
※奪ワレテイルカモ知レナイ…

そう言ったプレーヤー達を見ていて、良くあるパターンがある事に気付きます。
例えば。

1投目:ターゲットの左脇に外れる。
2投目:ターゲットの右下に外す。
3投目:ターゲットの右上に外す。

外す箇所はその時々ですが、ターゲットを囲むパターンで良くあるシチュエーションなのですが。
何を考えているのか手に取るように判りますが。

ビット単位の修正なんて無理ですからねー!
ソレが出来れば、トッププレーヤーどころか、天下が取れます。
トッププレーヤーでソレが出来る人達がいないとは言いませんが、少なくとも私やキミのレベルでは出来ません。自覚しましょう。

1投目を闇雲な狙いで適当に投げている訳ではないはずです。失投していなければ、本来はターゲットに向かっていったはずです。
ならば2投目、3投目は『失投しないように身体と気持ちをリセットして』1投目と同じ所に投げれば入るはずですよね。

ちょっと上から目線なのをご容赦して頂きたいですが、Aフライト付近と言う立ち位置は、自意識と技術、自分に出来る事と出来ない事の自覚が、まだまだアンバランスです。
変な処に自信があって、勿体無い処で妙に自信が無い。

自意識(メンタル)と、技術(フィジカル)。両者のバランスを上手く取りながら両方を高めていく事が、上達のヒントの一つだと、今でも思っています。

posted by note. at 12:06| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

下が必死だから、上も必死になる。

さて。

最近自分を苛め過ぎたので、たまにはのんびり投げたいと行ったロケーションで。
最近良い感じで調子が上向いている若い子(20歳差)に
『今ならnote.さんにスト勝ち出来る!』と言われたので、とりあえずボコっておきました。

いや、マジで強くなっていたので、薄氷を踏む思いでした。
上り調子の若いのは、本当に心臓に悪いです・・・Orz

昔から、『下り坂のAAより、上り調子のAフライトのほうがよっぽど怖い』と言いますが、まさにそんな感じでしたね。

まぁ、易々と越えさせる訳には行きません。
最近はそう言った歳の差の激しい子達に懐かれる事が多くなっていますが、だからこそ突き放せるぐらいの実力を維持しておかないとと思います。
努力する子達には、邪魔な壁が必要です。
私にもありましたし、私の壁達も、きっとそうだったと思いますから。

体力・・・いつまでもつだろうか・・・

posted by note. at 04:05| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

大さん橋なんてデートでチラ見しただけだぞ(とても昔に)。

さて。

年明け、1月13日にD-CROWNの最終戦があると言うメールが来たのは、11月の半ばぐらいでしたかねぇ・・・

当初の予定では今年中だったので、ほぼ諦めていたのです。どうせ首都圏で行われますし・・・
それが、どんな運命の悪戯か、ちょうどその三連休に絡んで東京へ出張する事になったので、エントリーしました。

そんな訳で、ツアー初遠征は、横浜・大さん橋でとなります。
まぁ、D-CROWNはコレでいよいよサヨナラですが。

横浜には、良い思い出しかないんですよ。
今思い返すと、少し塩気が利き過ぎますけどね(^^;

もう一つぐらい、良い思い出を作りたいものです。
頑張らなくっちゃ。

posted by note. at 22:14| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

年末進行準備。

さて。

毛布から出るのに勇気が要る季節になってまいりました。
12月ですね。
年々月日の移り変わりが早くなっている気がするのですが、誰かキノセイだと言ってください。
オネガイダカラ…Orz

さてさて。
11月を振り返れば、ダーツはそこそこ安定して、AAの飛びでしたが、まだ油断は出来ません。
もう少し先の景色を見たいですね。
今は01のPPRが100に届いていないので、その部分の底上げと、クリケットのMPR4を、何処まで上げられるか。
今年中にRt15に戻れれば良いなぁと、企んでいます。

DARTSLIVEの方はそんな感じですが、PHOENIXの方も好い加減しっかりと上げないといけなくなって来ました。
現状はAA17なのですが、対戦などではライセンス持ちなのがバレバレなので、出来ればAAAまで上げて行きたいです。
まぁ、気にしすぎてもいけないので、のんびり構えて行こうとは思っていますが。

色々とせわしない季節ではありますが、やれる事はまだまだありそうなので、頑張るのみです。
仕事?ナンノコトカナ?

posted by note. at 23:19| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

その感情で腹は膨れない。

さて。

取引先への移動中、余りにも暇だったので、『宝くじが当たったらどうしよう』と言う、時節的にベタなネタで妄想しようとしたのですが、自分が驚くレベルで現実的な小市民感覚の妄想しか浮かばなかったことに絶望しました。
夢ぐらいもっと大きく膨らませろよ>自分…Orz

まぁ、こんな感じばかりではなく、ダーツネタだと結構辛辣に自分自身を罵っているエントリが少なくない人なのですが。
そう云うのはそろそろ止そうと思います。
出来ない自分に怒って、やがて怒り疲れて自分自身に呆れてくる。
勝手に自分自身で折れてしまっている自分がいます。
自身を鼓舞するのは、やはり大切だと思いますが、このやり方は違いますねぇ…

もっと上手にテンションをコントロールしなければ。

1投目を大外ししてそのままノーブルの自分も。
3投目で力んでHATを逃す自分も。
20Tに入らなくてイライラしてイチゴ病に罹患する自分も。
上がり目をきっちり上がれない自分も。

とりあえず。一先ずは赦そうと。

出来んかったもんはしゃーないやん♪
どうしてそうなったかが判っているなら、次に同じ事を繰り返さなければ良いだけ。
もう一回やっちゃっても、また次にトライ。
チームメイトには、笑ってそう言えるのだから、自分にも言ってあげよう。

もちろん真剣さは失くさずに。
きっとその方が、練習も勝負ももっと楽しい。

posted by note. at 00:00| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

ケイゾクはチカラのハズ。

さて。

今月の23日、私何してたんだろう…
多分寝てたなぁ…

横にずれるのは、スタンスで身体をロック出来ていないからなのか、グリップが半端なのか。
縦にずれるのは、高さをリリースで合わせられていないのか、矢が暴れた分だけ下がっているのか。
すっぽ抜けは、グリップの所為か、スローの所為か。

何故、そう云う結果になったかを見極める事。
それが出来ないままに、入った、外れたと首を傾げても、同じ結果を繰り返すだけ。

同じ事を繰り返すだけの単純なスポーツだからこそ、何が同じなら良いのか、悪いのかを、頭と身体で覚えないと。

今日も、初心者の方に聞かれました。『どうすれば上手くなりますか?』って。
『質の高い練習』や、『効率の良い練習』は、多分世の中には沢山存在すると思います。
でも結局は、『これ以上どうすれば良いか判らないほどの練習』の向こう側に行かないと、何が質が高くて、何が効率が良いかなんて、それこそ判らないとも思います。

練習は裏切りません。勝敗は時に自分の期待を裏切りますけどね。ソレはソレ、コレはコレ。
練習せずに上手くなった奴なんていない。そう云う事です。


日付が変わって、昨日のエントリで、丁度200エントリ目でした。
4年前、2008年の11月から書き始めているのですねぇ、まぁ我ながら良いタイミングだ事で。
まぁ、実質2年ほどサボってましたが。

なるべく日を空けずに、出来れば毎日ブログを書くようにと心掛け始めて3ヶ月ほど。
ダーツは勿論、コチラも継続は力だと信じて、頑張りましょう。
そう思わないとやってられませんw

posted by note. at 03:26| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

今やろうとしている事、考えている事。

さて。

自分の身体の動きに、明確に理屈を当てはめる。
ある程度、色々なモノが戻ってきた今だからこそ、理論の再構築をしておかないと。
ダーツを改めて楽しむ様になって約半年。ここまでは、自分自身が過去に溜め込んだ理屈や理論に助けられた部分が大きかったように思います。
真っ直ぐの作り方や、手首の使い方がそう言った部分。
他人の為の一般論でなく、自分の為にブログを書いていて良かったと、切実に思い知った部分です。
でも、スタンスの取り方や、グリップの理屈、腕の使い方は、この半年で大きく作り直した処が多く、恐らく今後読み返した時には、3年前の理屈は大半が役に立たない恐れがあります。

『その時』が来ないのが一番良いとは思いますが、何事にも備えは必要です。

posted by note. at 00:15| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

シャフトが段々長くなる。

さて。

セッティングは、弄り出すとキリが無いのは判っていた筈なのですが。

この半年でシャフトが徐々に長く伸びてきています。
当初はFitの4番(インビトL)だったのが、5番になり、今回は6番。
流石にこれ以上は長くならないとは思いますが…

さっき小さめのフライトポチッたしなぁ…(^^;
ついでに短めのシャフトもポチって見ましたw

さて、今後どうなる事やら。

posted by note. at 21:04| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

昨日の常識は、明日の非常識。

さて。

ダーツに於いて、どれほど『一般的に正しい』と言われているモノがあるのかは、数えたことがありませんので判りませんが。
様々な方々の実践から、今まで常識とされていた理屈が覆され始めています。

その中で私たちが気をつけなければならないのは、新しい『常識』としてそれを漫然と受け入れるのではなく、自分の身体で実践し、試してみると言う事なのでしょうね。

今現在、違うと言われているモノでも、過去にはそれを受け入れるだけの説得力があったからこそ受け入れられていた訳ですし、元来日本人は『一般論に弱い』性質が顕著ですから。

ダーツの世界でも、『情報リテラシー』が重要になってきたとか、何の悪い冗談ですかね…

posted by note. at 10:39| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

Androidでダーツスコアのアプリ検索中。

さて。

nexus7.JPG最近話題のタブレットを入手してみました。
Googleのnexus7です。
iPad miniと悩んだのですが、価格優先仕事で使いやすそうと言う事でAndroid端末にしてみました。

以前、auのスマートフォン、INFOBAR A01を使っていた時には、使い難さしか感じませんでしたが、かなり使い勝手が向上している感じですね。

Googleのアカウントが既にインストールされた状態で手元に届いたので、初期設定も楽でしたが、ダーツ関係のアプリは、iPhoneアプリの方が格段に充実していることは相変わらずですね。
DARTSLIVEのアプリは、単なるWEBページへのゲートにしかなっていません。普通にブラウザからログインした方が早いとか…
あとは、n01が無いのが痛いですねぇ…Androidアプリで出してくれませんかねぇ…
似たようなアプリは何個かあるのですが、やはり使い慣れているアプリの方が安心できますからねぇ。
どなたかAndroidでお勧めのスコアアプリがあったら教えて下さいませOrz

それにしても左手の中指と薬指が使えないだけで、色々な日常作業がとてつもなく難儀です…Orz
ほぼ片手しか使えないのと同じですね、こうしてキーボードを打つのも一苦労です(^^;

posted by note. at 23:45| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

左手のケア。

さて。

動かさずに身体を固定すると言う動作(?)が、如何に左側の手足に負担を掛けているかを今更ながらに思い知っている処です。

以前は左足がよく攣っていましたので、今のスタンス等が以前と違う事だけは判るのですが。
何をどうすればケアが出来るかすら判然としない今日この頃。

とりあえず、テーピングと、サポーターで固定していますが、そろそろまともに病院に行くことも考えよう…

posted by note. at 15:35| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。